TOP海外旅行 ≫ モロッコ旅行 世界最大の迷路フェズ

モロッコ旅行 世界最大の迷路フェズ

9世紀に出来たメディナ フェズは1000年以上の歴史を刻んでいます。

ジェラルダ城壁から フェズを眺めています。
18fez0114_0205.jpg

フェズの手前にある王宮
警察官が沢山警備していました。
18okyu0114_0217.jpg
この門しか撮影できません。
王宮の回りや警察官は撮影禁止です。

細かい細工が美しい門。
18okyu0114_0221.jpg

18okyu0114_0223.jpg

ブージュルード門からフェズに入ります。
18fezentrance0114_0234.jpg

狭い道を荷物を背負ったロバも通ります。
18fezroba0114_0238.jpg
ロバ優先なので 道を譲ります。

この門を入ると迷路が始まります。

現地のガイドさん。
このフェズで生まれ 育ったそうで、
目をつぶっていても歩けるよって言っていました。
18fezguide0114_0210.jpg

「迷子になったら 絶対その場所を動かないで下さい。
こちらで探しますから。」 とガイドさんからの忠告。

両脇には小さい商店が並んでいます。
お肉屋さん。 ラクダの頭がぶら下がっていました。
18fezmeat0114_0243.jpg

卵屋さん。生きた鶏も売っています。
18fezchiken0114_0244.jpg

鳥も売っています。
18fezchiken011595.jpg

狭い通路がクネクネと続いています。
18fezroard0114_0293.jpg

ロバが通るので 又横で待ちます。
18fezroba0114_0297.jpg

前の人に付いて行くのが精いっぱい。
迷子になったら 大変です 
ここで迷子になったら 怖い~!

道は 猫や犬の糞が一杯だし、
子供たちが 「これ買って、買って。」と付いてくるし
気が休まりません 

街中に ブーイナニア神学校があります。
狭い通路に面した門を入ると 中は広々とした美しい学校でした。
18fezshingakou0114_0250.jpg

必ずメッカの方角に向けた 祈りの場所が用意されています。
18fezshingako0114_0255.jpg

18fezshingako0114_0260.jpg
狭い通路の横に こんな広い立派な建物があるなんて
不思議な感じでした。

現代の生活に1000年前の文化が生きています。

フェズの個人のお宅で 「ティ セレモニー」 を見せて頂きました。
中に入ると 三階建ての明るい家です。

ハミドさんが 流暢な日本語で ミントティーの入れ方を見せてくれました。

18fezteaseremony0114_0266.jpg

ティポットをお湯で温めてから お茶とミントをいれます。
18fezteaseremony0114_0270.jpg

高い場所から ひゅーっと熱湯をポットに入れます。
18fezteaseremony0114_0275.jpg

ティポットは銀製、グラスはガラスでした。

奥様は最後に出てこられました。
18fezteaseremonywife0114_0276.jpg

ハミドさん 楽しい解説有難うございました♪

タンネリへ。
なめし皮職人地区です。
羊、ヤギ、牛などの皮の毛をそったり、水洗いしたり
手作りで染付たりする様子が良く見える場所です。
18feztaneri0114_0298.jpg

作業場の周りは住居。
18feztaneri0114_0299.jpg

18feztaneri0115_0300.jpg

迫力のある光景でした。。。

そうそう、タンネリの写真は 革製品のお店の上から撮った写真。
ベストショットが撮れるお店を選んでくれているのです。
勿論そこでショッピングですが。

でも 個人で行く場合は 写真スポットに連れて行くと言われて
ぼったくられたり、品物を押し付けられたり、嫌な目に合っています。
迷路のフェズで「自称ガイド」や悪い子供たちに騙されたりして、結構怖い思いしているのです。
流石にツアーは素晴らしいと思いました。
(後で考えるとね。)

フェズの旧市街地は1000年前の街に
現代の人々が生きている興味深い街でした 

皆様 お元気で~ ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
今度はモロッコですか。
未知の世界です。
見たことも無い景色が広がって、異国情緒満載、
ちょっとだけ行った気分になりました。
いつも珍しいところへ、ひとっ飛び!
MaryRoseさんの行動力には感服です。
それにしても、「迷ったらその場所を動かないで」って、
スリル満点ですね。
2018年02月12日(Mon) 21:10
No title
編集
味わい深い町並み。
完全に異国の香りが漂ってきます。
1000年前の町並みに惹かれますね。
安全なツアーが必須なんですね、単独行動は危険という事ですか。
2018年02月12日(Mon) 21:49
No title
編集
MaryRoseさん、モロッコに行かれてたんですか!
それは羨ましい^^。私もぜひ一度は行ってみたい国の一つです。
妻が子供のころ、毎年夏休みに旅行に行っていたそうです。
イスラム教の国ですけど、それほど固い雰囲気ではないんだとか。
人々も皆優しそうですね^^。
2018年02月13日(Tue) 03:26
こんにちは
編集
うわぁ~💛
と言いながら見ていました(^◇^)
アラビアンナイトの世界ですよね。
迷路のような街並み、わたしも歩いてみたいです。
人よりもロバを優先する生き方、素敵だなって思いますね。
2018年02月13日(Tue) 12:51
こんばんは♪
編集
こんばんは♪
細い道をくねくね
きっとたくさんの人が迷子になっているのでしょうね
もちろん私も迷子になりそう^^;

丸い桶?のようなものに入っている染料の数が凄いですね!
布のように見えるのがなめし皮よね
長い歴史の中で、今も変わらず手仕事で革を染め付ける作業
なんだかロマンを感じます~(*^-^*)

↓キルト素敵!
細かい模様のキルティングしたいけど
直線以外は絶対無理です(笑)
2018年02月13日(Tue) 22:51
Re: ふみ乃さま
編集
こんにちわ♪

ヨーロッパから近くて全然違う国、モロッコ。
とても刺激的でした♪
このフェズは本当に迷路で方向感覚が全く無くなります。
個人旅行では皆さん騙されてお金を取られたりして
苦労する場所。
でも昔の文化を維持していて、不思議な世界でしたv-119

余り年を取ったら行けなくなる場所だと思って
今年はモロッコにしました♪
コメント有難う~!

2018年02月14日(Wed) 10:33
Re: 親父さま
編集
こんにちわ~♪

道は細く、両脇に壁が立ち、何の標識や地図も無いので
ガイドさんがいなかったら、中には入れない町です。
敵から町を守る知恵ですね。

でもドアを開ければ、中には広くて明るい空間があり、
個人の家も住みやすそうでした。

ガイド無しでは歩けませんが
現地のガイドは、泥棒ぼったくりみたいな人と結託して
観光客が騙されるそうです。
ホテルで紹介されたガイドさんでも安心できないとか。
でも置いていかれたら怖いし、仕方なくお金を払うようです。

のんびりしたバリとは全然違うな~、って思っていました♪
コメント有難うございます。

2018年02月14日(Wed) 10:45
Re: yoyoさま
編集
こんにちわ♪

フランスの植民地だったので フランス語は共通語でした。
奥様はモロッコのどのあたりに遊びに行っていたのかしら。
外国人用のリゾート地は「ココがモロッコ?」と思うほど
綺麗で西洋化されている場所も有りました。

お祈りの前に手を洗う水道や、
イスラム教会があちらこちらにあり
とてもいい感じでした♪
でもイスラム教徒でなければ教会に入れないので
中は見れませんでしたが。

コメント有難う御座います♪


2018年02月14日(Wed) 10:52
Re: こんにちは>カミさんさま
編集
こんにちわ♪

迷路をスイスイ歩けたら、どんなに格好良いことでしょうか♪
お店もお肉屋さん、八百屋さん、洋服やさん、生活に必要な
物は全て内部で賄える街でした。
学校も教会もあるし。

ロバは重い荷物を背負って、人間の為に働いていました。
道路が狭いので、バイクかロバしか荷物を運べないのです。
一生重い荷物を運ぶ生涯は 過酷ですね。
なんて、考えてしまいました(笑

コメント有難う~♪


2018年02月14日(Wed) 10:58
Re: こんばんは♪>kaoriさま
編集
こんにちわ♪

私も方向音痴なので(?)ガイドさん無しでは無理だわ~。
ガイドさんに付いて行くのが精一杯で
怖くて街を楽しむ余裕が持てないほどでした(汗
今から考えると少し残念!
写真も少ないのよ。

皮加工場の辺り一帯は凄い匂いなの。
行く前に ミントを渡されて、
それを噛んでいるように言われました!

こんな細かいキルトは作る事を考えたら
卒倒しそうですね♪
流石にプロの技ですわよ~(笑

コメント有難う♪
2018年02月14日(Wed) 11:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL