TOPスポンサー広告 ≫ バリ島個人手配 一人旅 ③ジャカルタ国際線から国内線への乗り継ぎ方法TOP海外旅行 ≫ バリ島個人手配 一人旅 ③ジャカルタ国際線から国内線への乗り継ぎ方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

バリ島個人手配 一人旅 ③ジャカルタ国際線から国内線への乗り継ぎ方法

国際線でジャカルタスカルノハッタ空港に到着した後
国内線に乗り継ぐ方法ですが、JALのHPを見ても余り詳しく書いてありません。
空港内の案内表示も余り無いので こちらに詳しく書いておきます。

注: 会話は全て英語です。

JALで国際線から到着して、他の乗客と一緒に入国審査を受けます。
ここでは、英語で質問があります。 私は何も聞かれませんでした。
(かなり詳しく聞かれていた人もいました。)

荷物受け取り場所に行くと、「ポーター? ポーター?」とワラワラと
ニコニコしたポーターさん達
が寄って来ました。
「結構です。」とお断りして、
荷物受け取りのターンテーブルにて自分の荷物を受け取ります。

さて、乗り継ぎのバスは何処からかしら?っと回りを見ていたら
ポーターのお兄さんに捕まってしまいました 
スーツケースを引っ張って行くので、仕方なく 「ガルーダ航空の国内線の乗り継ぎがあるのよ。」と説明したら
「こっち、こっち」と進んでいきます。 (ターンテーブルを背にして出口を見て、左方面の出口です。)

左側へ10mも行かない場所に ガルーダ航空専用 乗り継ぎカウンターがありました。
どこにも表示が無いので 要注意です!

ポーターさんに「お幾ら?」って聞いたら 「二千円 二千円!」 ですって~~!
たった 10mで それは有り得ませんよ
「何で二千円?」って聞いたら 「あっちの人 と こっちの人」 って???

「はい、どうもありがとうね。」って にっこりして50000ルピア渡しました。(約500円)
これで十分すぎるほどです。
30000ルピア程度で(約300円)良いそうです。

さて、予約とチケットがある人はここでチェックインして、荷物を預けられます
(これはどの本にもネットにも書いてありませんでした。)

でも私は「早い便に変更したいの。」
と言うと 「では、国内線のガルーダ航空でやって下さい。」となりました。

さて、ガルーダ航空のターミナル3に行かないといけません。

荷物受け取りを出て、税関を出て、外に出ると 柱の影にエレベーターがあります。
これを見逃さないように!
これに乗って2Fに上がります。(何も表示はありません。)

2階に上がり、外を見ると 上のほうに「シャトルバス」と書いてあるので
そのあたりで待っていれば バスが来ます。 (15分間隔)

大きなスーツケースはバスの後ろに乗せます。
私のスーツケースは運転手さんが入れてくれました 

「ターミナル3 までお願いね。」と一応言っておきました。

ターミナル3では、そこにいたお兄さんが荷物を降ろしてくれました。

他の乗客は自分で上げ下ろしてしていますので
お間違えなく。。。。

さて、ターミナル3は全体がガルーダインドネシア航空の専用の建物みたい。

でも どこのカウンターでどの便をチェックインするかは
全然表示がありません 
きっとそのうち改善されるのでしょうか。。。

ガルーダ航空の案内に並んで聞いて、チェックインカウンターを教えて貰いました。
でもそこでは変更手続は出来ないとの事。
今度は チケッティングカウンターに又並びなおし 

たった一人しか業務をしていなくて 長い間待ちましたよ。
でも順番が来たら 親切にちゃんと対応してくれて
早い便に変更してくれました。
やはり フルフェアーで購入していると こんな時とても便利です 

「ああ、良かったわ。早い便に変更して貰って♪」と言うと
「本当はカウンタークローズの時間なのですが、貴方が最後です。
早めに行って下さいね。」
と言って にっこりしてチェックインしてくれて助かりました 

17airpotCGKdomesF9589.jpg
<CGK 国内線出発ロビー>

------------------------------------------------------------

今度は反対に インドネシア国内線からジャカルタ スカルノハッタ空港に到着して
国際線 JALに乗り継ぐ方法です。

これも何処を見ても詳しく書いてありませんでしたので
アップしておきます。

デンパサールから ジャカルタに到着したら
到着ターミナルで表示に沿って 手荷物引取り所方面に行きます。
ターンテーブルに行く手前に 「International 」
と書いてある小さな表示を見つけました。
本当に小さな看板なので見逃さないように!
ターンテーブルのずっと手前です。

「国際線に乗り継ぎはココですか?」と聞くと
「そうです。お荷物を引き取ってから戻ってください。」との事。

荷物を引き取り、又その場所に戻りました。 遠いのよ~~~!(汗
この場所の事もどのネットにも書いてありませんでした。
最近新しく出来たのでしょうか??? 

ここでバスに乗り JALの国際線ターミナル2まで行きました。
荷物は運転手さんが乗る時も降りるときもやってくれたので
チップを渡しました。 とっても助かりました

これも他の乗客は自分でやっています。。。

裏口のような場所で降ろされ、狭い階段を進むと、
到着ロビーに着きました。
そこから暫く進み、エスカレーターを上がると(これも表示がありません)、
国際線出発カウンターのある場所です。

JALの表示を探しましたが どこにもありません。
JALのHPにはチェックインカウンター41番-47番、と書いてありましたが
カウンターの番号さえ表示がありません 

航空職員に尋ねると、JAL職員は後一時間後から来るそうです。
(出発の三時間前からチェックイン)

「乗り継ぎには時間の余裕を持って、早めに来てください。」と
書いてあるのに JALのカウンターが開いていない事にはどうしようもないじゃないの!!!

来る途中に「JCB ラウンジ」を発見しましたが もう戻る元気も無いので
近くの席で休みました。

出発時間の三時間半前くらいに、JAL職員がやってきて
看板やプラカードを出し、やっとJALカウンターが出来上がりました 
専用のカウンターを貰っていないのです
これもいつかは改善されると良いですが。

三時間前に やっとチェックイン開始です。
かなりの乗客が並んで待ちました。

ジャカルタにはJALが使えるラウンジは二箇所あります。
入るときに迷いました。
「どう違うのですか?」と聞いたところ
「営業者が違います。」とのこと。
どちらを使っても良いそうです。

ちなみに どちらのラウンジにもアルコールは有りません

では、良い旅を~~

バリ島旅行 纏めの記事はこちらです♪

スポンサーサイト
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。