TOPスポンサー広告 ≫ フィンランド&エストニアへの旅④タンペレへTOP海外旅行 ≫ フィンランド&エストニアへの旅④タンペレへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

フィンランド&エストニアへの旅④タンペレへ

昨日の夜は ヘルシンキ市民マラソンを橋の上から応援!
20160813helsinkimarathon_0341.jpg

フルマラソンから17kmマラソンなどあり、
湖水の景色を楽しみながら走れるマラソンみたいです。

今日は郊外へICで日帰り旅行します。

朝から しっかりとした朝食を。
チーズ各種、卵、パン、ヨーグルト。 もうお腹いっぱい(^-^)/
20160814helsinkibreakfast_0441.jpg
これだから 旅行中は太ります

ヘルシンキ中央駅
20160814helsinkistation_0344.jpg

前日に時刻表は調べておいたのですが、朝行ったら、窓口が開いていません。
10時からオープンですって~! 

仕方なく自動販売機で買おうとしたら フィンランド語の表示しかなくアタフタ
適当に予測で押して、どうにか目的の列車の指定席チケットを買えました 
自動販売機は英語表記もして下さいな~!!!

20160814helsinkistation2_0345.jpg

はい 気を取り直して行きましょう~!
20160814staionatrain_0346blg.jpg

シートは固定式。
20160814traininside_0349.jpg
だから 後ろ向きに進む場合もあります。

2時間位で タンペレへ到着。

20160814tamplestaion_0350.jpg

紡績や製紙産業で繁栄した都市で、今でも19世紀の建物が残っています。

20160814tample_0352blg.jpg

駅から直進して5分位の場所に観光案内所があり
日本語、英語の地図もありました。

地図のコースに沿って歩いていきます。
20160814tample_0356.jpg

古い建物はとても凝った作りです。
20160814tample_0359.jpg
デザインが素敵です。

20160814tample_0364.jpg
教会に入るときのマナーは世界中大体同じですが
男性は帽子を取る事。女性の帽子はOK。
もちろん大声、フラッシュ撮影は禁止です。

20160814tamplecharchi_0368.jpg

20分くらい歩くと、ムーミン谷博物館に着きます。
20160814mumin_0370.jpg

入場料を払って 入り口で大きな荷物を預けます。

トーベヤンソンの原画やムーミンハウス(模型)が展示されています。
模型が精巧に作られていて、小さな家具や 壁飾り、本棚、食器まであります。
可愛くて、ずっと見ていました。
残念ですが写真撮影は出来ません。

「この場所だけは 撮影が出来ますよ。」と教えてくれた優しいおばさん。
20160813mumin_0374blg.jpg

20160814mumin_0378blg.jpg

懐かしいムーミンに頬ずりしてきました♪

さて、又地図に沿って歩いていくと 広い公園に。
宮殿がありました。

20160814tamperecatsle_0396.jpg

公園内のワンちゃん散歩の人をウォッチング 
20160814tampledog_0366blg.jpg

小型犬連れの人が多いです。

20160814tampledog_0391blg.jpg

郊外なので 子供連れや犬連れも多く見かけます。

20160814tample_0387blg.jpg

ここにも馴染みの植物が植えてありました。
20160814tamplerplants_0394.jpg

20160814tampleplants_0393.jpg

ここは古い建物を利用した カフェ。
20160814tample_0380.jpg

さ~、疲れたので レンガ倉庫街に入りお茶をしましょう。
20160814tample_0407.jpg

20160814tamplecafe_0406.jpg
私はブルーベリータルト♪
20160814cafetample_0405.jpg

歩き疲れた体に甘いケーキは最高です!

そろそろ 帰りましょう。
タンプレ駅で切符を買って。窓口の人は英語が流暢です。
20160814tamplestation_0416blg.jpg

窓口で「犬や猫などの動物と一緒の車両でも良いですか?」と聞かれ「ええ、大丈夫。」と。
ヘルシンキまでの列車は混雑している様子。

そうそう、駅ではトイレは有料。1ユーロコインが無いと入れません。

さ~帰りの列車です。

20160814tampledogtrain_0422blg.jpg

20160814tampledogtrain_0423.jpg

20160814tampletrain_0417blg.jpg

あはは、本当に犬連れさんばっかりです。
キャバ連れをみて、お留守番の愛犬を思い出してしまいました

良い子で待っていてね~。
201608christene_0007.jpg

この車両が動物OKのマークね。
20160814tampledogtrain_0425.jpg

犬は足元に座らせるか、膝に抱くかしています。
どの子もおとなしくて 吠える犬はいません。 

通路は歩かせないで、抱っこするのがマナーみたいです。
(盲導犬以外。)

イタリアでは電車の中にも犬連れがいましたし、バスの中にもいました。
こうやって犬と共に旅行できるシステムは良いですね。

今日も 良く食べ良く歩いた一日でした♪


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
いやー本当に美しい街ですね。
ひと時、優雅な気分に浸りました。
MaryRoseさんは、地図を片手にどこにでも
行けちゃうんですね。すごいわ。
そして町並みにぴったりな美母娘。すてきだわ。

わんちゃんたちも、電車に大勢乗っていて、いい文化ですね。
わんこをいい子にしつけることが、当たり前ですが大切。
(自分に言っています)

お嬢様との、素敵なご旅行ができて、なんていいんでしょう。
独身のうちにできること、たくさんしてください。
そのうちに忙しい生活が待っていますからね。
2016年08月27日(Sat) 23:51
こんにちは
編集
スゴイですね。
自分で切符を買って外国を旅行だなんて、わたしはとても出来ないでしょう。
きちんと調べて行動して、素晴らしいです!!!
ムーミン谷博物館というものがあるんですね。
わたしもムーミンが好きなので、つい食い入るように見てしまいました。
2016年08月28日(Sun) 13:01
No title
編集
旅のお食事ってどうして美味しく感じるのでしょpp

現地での列車旅なんてすごいですね~
私など東京や大阪でもウロウロしますよ。
お若い娘さんが相棒だから心強いですね!
列車にのるのは地元のようすを肌で感じられますね。

※ピッコロッソは時計草より優しい色合いで良いと思いました。
あの毛のようなものが特徴ですね。
今度は実が楽しみです♪
2016年08月28日(Sun) 17:06
No title
編集
こんにちは♪

たくさんの写真を眺めながら
一緒に旅している気分です~♪
日帰り列車の旅もいいなぁ~

そそ旅のお食事は何を食べても美味しくて
困っちゃいますよね(笑)


↓植物園を見つけると、寄らずにはいられない気持ち
わかりますよ~(≧▽≦)
2016年08月29日(Mon) 15:56
Re: ふみ乃さま
編集
こんにちわ♪

ヨーロッパの古い町並みは本当に美しいです。
石の建物のデザインも優雅ですよね~。
アジアの美しさとは全然違うから心惹かれるのかしら♪

> MaryRoseさんは、地図を片手にどこにでも
> 行けちゃうんですね。すごいわ。

そうですか。
私は地図があれば知らない街でも回れます^^。
今はスマホのマップがあるから、娘はスマホで目的地まで行けたりしますから
便利になりました。

> わんちゃんたちも、電車に大勢乗っていて、いい文化ですね。

どのワンちゃんもおとなしくて感心します。
吠えている子はいません。
親から犬世界の教育を受ける前に
小さい時に引き離して売られてしまう日本の子犬商売を変えないといけないです。

> わんこをいい子にしつけることが、当たり前ですが大切。
> (自分に言っています)

> お嬢様との、素敵なご旅行ができて、なんていいんでしょう。
> 独身のうちにできること、たくさんしてください。

ええ、そういう口実で毎年娘と出かけています♪
娘は今は何も感じないかもしれませんが
子供が出来てどんなに自分の時間が無くなるか
実感することでしょう。

コメントありがとうございます。
2016年08月29日(Mon) 21:22
Re: こんにちは>カミさんさま
編集
こんにちわ♪

> スゴイですね。
> 自分で切符を買って外国を旅行だなんて、わたしはとても出来ないでしょう。

ええ、そんなことないでしょう!
路線を調べて切符を買って行くのも慣れれば大丈夫ですよ。
ヨーロッパは電車がちゃんとしていますから。
(良く遅れたり接続が上手くいかない事はありますが。)

> ムーミン谷博物館というものがあるんですね。
> わたしもムーミンが好きなので、つい食い入るように見てしまいました。

ムーミン世代ですか♪
作家のトーマスヤンソンさんは日本が大好きで
日本に長く滞在した時の写真が沢山ありました。

コメントありがとうございます。
2016年08月29日(Mon) 21:28
Re: miyakoさま
編集
こんにちわ♪

もっともっと色々な食事やスイーツを食べたかったのに
お腹が一杯になるのが残念です(笑

> 旅のお食事ってどうして美味しく感じるのでしょpp

実際美味しいのです。
特にスイーツはとてもおいしくてもっと色々試したかったな~!

> 現地での列車旅なんてすごいですね~
> 私など東京や大阪でもウロウロしますよ。

あはは、私も渋谷でウロウロします(笑
日本より海外の方が簡単ですよ。

> 列車にのるのは地元のようすを肌で感じられますね。

そうなんです。
旅の醍醐味です♪

コメントありがとうございます。
2016年08月29日(Mon) 21:43
Re: kaoriさま
編集
こんにちは♪

北欧の美しさと寒さを実感してきました。
冬だったらもっと準備していったのにな~。
沢山歩いて足も疲れました。

> 日帰り列車の旅もいいなぁ~

電車の旅は地元の人の様子が分かったり、郊外の美しい景色に触れたり
とても新鮮です。
今回は娘が一緒なので、余計に安心でした。

> そそ旅のお食事は何を食べても美味しくて
> 困っちゃいますよね(笑)

もっと食べたかったのに、胃が足りません!

> ↓植物園を見つけると、寄らずにはいられない気持ち
> わかりますよ~(≧▽≦)

そうなんです。
嬉しくてルンルンでした。
そして高原に植えてある植物とほとんど同じ植物があって、
それも嬉しくて!

コメントありがとうございます。
2016年08月29日(Mon) 21:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。