TOP海外旅行 ≫ フィンランド&エストニアへの旅③ ヘルシンキ市内観光

フィンランド&エストニアへの旅③ ヘルシンキ市内観光

今日はヘルシンキ市内の観光です。

シベリウス公園。
フィンランドを代表する作曲家シベリウスモニュメントがあります。
20160813sibeliuspark_0275.jpg

ちょっと怖い表情ですが。。。
20160813siberiuspark2_0277.jpg

テンペリアウオキ教会は岩盤をくりぬいて作られている副音ルーテル派の教会。

20160813temppeliaukion_0279.jpg

銅線を使った円形の屋根でモダンなデザインです。
20160813temppeliauokion2_0281.jpg

ヘルシンキ大聖堂と元老院広場
この日は残念なことに小雨で、寒くて~~
お天気が良かったらきっと市民の憩いの広場なんでしょう。
20160813tuomiokikkojasenaatintori_0285.jpg

20160813tuomiokirikkosenaatintori_0289.jpg

ウスペンスキー寺院。
北欧で一番大きなロシア正教会。
20160813uspenskinkatedraali4_0296.jpg

この日は結婚式が執り行われていました。
でも入場させてくれました!
20160813uspenskinkatedraali2_0293.jpg

両家のご両親と兄弟かしら。
20160813uspenskinkatedrali3_0295.jpg

そして数人の友人のみ。(完全な想像です。)
お帽子を被ったケープのご婦人はお母さまだと思われます。

そこから、エスプラナーデの突き当りにある マーケット広場へ。
小雨だったのにテントも数が少ない様子。
20160813market2_0300.jpg

野菜やベリー類のテントや食べ物やさんのテントが多いです。
赤とオレンジ色の屋根が食べ物やさん。

20160813karket1_0299.jpg

隣にある レンガの建物の中もマーケット。
20160813market4_0301.jpg

ヘルシンキでは人件費が高いので、レストランはとても高価なんだとか。
ですので、テントやマーケットでお食事する人が多いそうです。

さて、ランチにしましょう。
私たちは昨日気になっていた カフェ カールフェッツァへ。
20160812cafekarlfazel2_0273.jpg

中もとってもシックです。
こちらはガラス窓に囲まれた コーナーシートの可愛いお席
20160813cafelunch_0303blg.jpg

私はシュリンプサラダとカフェオレ。娘はサラダとキッシュとコーヒー。
20160813cafelunchsalad_0305.jpg

胃が三つ欲しかったな~。
おいしそうなケーキも食べたかった!

さあ、歩いてハカニエミマーケットへ。
ここは地元の人たちが買い物するマーケット。
二階にはマリメッコのお店もあります。
(写真撮り忘れました。)

20160813streettomarket_0307.jpg

帰り道、植物園を発見!
テンションが上がります。
入場無料です。
20160813park_0310blg.jpg

20160813plant8_0323.jpg

お~見慣れた植物が植えられています。
やはり寒冷地の植物は同じです。
20160813plant7_0322.jpg

20160813plant6_0320.jpg

20160813plant5_0319.jpg

20160813plant5_0317.jpg

20160813plant4_0316.jpg

植物園の中のカフェ。
可愛い建物です。
20160813plantcafe_0325.jpg
お腹がすいていたらお茶したかった(笑

20160813plantcafe2_0326.jpg

こちらはレストラン。
20160813plantcafe3yellow_0327.jpg

20160813plants_0313.jpg

20160813plant3_0315.jpg

20160813plant2_0314.jpg
植物に興味のない娘を付き合わせました(笑

又中心部に戻り マリメッコのお店やムーミンのお店を回り 沢山お買い物(^-^)/

お疲れ様でした~。
一日歩いて満足です!
今日はステーキハウスで乾杯!
20160813dinnersteak_0336blg.jpg

20160813dinnersteak2_0339blg.jpg

今日も良く歩いて沢山食べた一日でした。

フィンランドはスエーデンに侵略されたり、その後ソ連の配下になったり
色々な歴史を辿っています。ソ連軍と戦った時の将軍の銅像がありました。
ソ連との戦争の時「三日も持たないだろう。」との前評判でしたが 「三か月戦った」と
誇らしげに解説がありました。(現地のガイドさん)

市内のアパートメント(マンション)の地下には 今でも必ず地下室が設けられて
防空壕になっているそうです
まだロシアの脅威はあるのでしょうか。。。。



スポンサーサイト

Comment

No title
編集
植物園のガラスの建物が素敵ですね。&お嬢様はまだ植物に
興味がないとのこと・・・・  もったいなやーー^^
けれど、いつかきっとお母さまがどんなにバラを愛しているかが
分かって、お母様いじょうのバラ好きになるかもですね^^
2016年08月26日(Fri) 21:31
No title
編集
色々珍しい風景のお写真ありがとうございます♪

見なれた植物、知ってる花があればうれしいですね^^
いっぺんに親近感がわきますね(^^)/

③ということはまだ続くのですか?
お写真多くて重くなりません?wwごめんね~
私ならこれで1ヶ月引っ張りますぇ(爆)

※黄色いお花はバラもそうなんでしたの?
バラは別かなぁ。
バラの黄色いのんはとても香りが良いから好きですわ♪
でも日本的な素朴な花も良いですね。
お花は何でも大好きです(*^_^*)
2016年08月26日(Fri) 22:23
Re: mimihaさま
編集
こんにちわ~♪

植物園は偶然とおりかかたのですが
とても素敵な場所で嬉しかったです♡

娘?全然植物には興味ありません。
いつか好きになるのかしら~???

> 植物園のガラスの建物が素敵ですね。

植物園の温室のデザインがとても素敵でしょう~!
あらゆるところでヨーロッパのデザインの美しさに感動します。

コメントありがとうございます。
2016年08月26日(Fri) 23:41
Re: miyakoさま
編集
こんにちわ~♪

旅行記を早く終わりにしたくて頑張って毎日整理しています(笑
間が空くと、やる気が失せますから~。
以前も、パリとイタリアに行ったのに、パリの途中で終わってしまったり。
ブログに載せると後で良い思い出になるので
今回はちゃんと最後まで!!!

お付き合いくださいね!

黄色のお花は色が強くてほかの植物とのバランスが上手くいかないので
避けていました。
お山のお庭は広いのと、周りが緑なので、黄色やオレンジがとても似合います。
実はバラも黄色は植えていなかったの。
でも先月とうとう植えちゃいましたよ~。

コメントありがとうございます。
2016年08月26日(Fri) 23:47
No title
編集
フィンランドってさすが北欧ですね、真夏のこの時期でも涼しそうというか寒そうに見えます。
宗教的にロシア正教会が有るというのも驚きです。
植物園のカフェの建物、アーリーアメリカン・デザインですね。
フィンランドがベースのデザインだったのかな。30年ほど前日本でもこのデザインが流行った事を思い出しました。
2016年08月27日(Sat) 05:50
親父さま
編集
こんにちわ♪

真夏の日本から行ったので、寒さが理解できませんでした(笑
雨の日など本当に寒くて、洋服選びをもっと慎重に考えるべきでした。
でも真夏のジメジメから解放されて、とても気持ちの良い旅になりました♪

ロシア正教はロシアの支配下にあった時代が長かったからなのでしょうか。
フィン語やフィン文字も禁止した時代があり、宗教もまたしかり。
強国に挟まれた国の歴史は戦争の連続だったようです。
今でも徴兵制度がある国です。
平和ボケと言われる日本の感覚とはだいぶ違いますね。

そうなんです。
ポルヴォーの建築様式もそうだし、植物園のカフェも。
アーリーアメリカンかスエーデンハウスのデザインにも似ています。
2016年08月27日(Sat) 11:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL