TOP別荘建築 ≫ Money!Money!! 

Money!Money!! 

ちょっとデザインを変更すると、「追加費用」!!
ちょっとカーブを深くしただけで「追加費用」?

え~それはないでしょう。
ちゃんと見積もりに入っているのに 
「こんな複雑なデザインは見た事が有りません。」って言われたって?
どんなお客を相手にしてたのって言いたくなっちゃう。

見積もりの時は、大体ラフなデザインで「取り敢えず早く契約して。」
って勧められたではないの!

スピーカーの配線を頼んだら、これ又「追加費用。」
引き戸に変更したら「これも追加費用。」
何でも「お金」「お金」なのね。
う~~ん、ストレスが溜まるわ  

それに、図面にはっきり書いていなかった場所が
え? こんなになっているなんて!
ふう~う~う。 
しばらく頭を冷やそう。。。。


<足場が組まれている家>
110626P5215.jpg

110626P5208.jpg

 
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
お疲れ様です。やっぱり何か変更すると、追加になっちゃうんですよね。見積時点では、はっきりわからないことが多いのでラフにしておいてあとで詳細な仕様を言うと追加ですよね。
見積時点でのラフな打ち合わせだったので、設計上はある程度の余裕をみておくのがプロかもしれないですが、、、そう言ってみたらいかがでしょうか? うちも家を建てたとき、同じように変更するたびに費用追加になったのでアドバイスできる立場ではありませんが。
2011年07月01日(Fri) 21:38
はじめまして!
編集
土地選びの頃から時々拝見させていただいてました。
基礎が打たれた時は、大きな別荘なんだと分かって
ちょっと気遅れしてしまいましたが、家の形が本物になって
ものを言えば追加費用を請求され、私の家のように出せる金額が決まっていると
その費用をねん出するのに四苦八苦していたのを思い出してしまいます。
上下で20坪しかない家に4か月もかけられて・・・庭作りもすべて計画倒れな状態でした。

家が小さいため予算はかなり抑えられましたが、もう一部屋あればと思うことはありますね。
これからも色々ありますが、楽しさもいっぱいありますね。

早く完成して秋植えの野菜やお花が植えられますよう祈っています。

家が完成してから静かになってしまったブログですが、よかったら遊びに来てくださいね。
私の全財産をはたいたのに、ちっちゃな家にびっくりしますよ~(笑)
2011年07月01日(Fri) 22:23
まかぱぱさま
編集
やはり、まかぱぱさんの建築でもそうでしたか!
がっかり&イライラして来ました。
何でも無料にとは言いませんが
大した変更でもないのに
「追加費用」
スピーカーの配線にもお金が掛かるなんて。。。
かなり、ヨサンオーバーしているのですが
甘く見られているのかしらv-40

2011年07月02日(Sat) 16:05
チコちゃんさま
編集
別荘建築されたのですね。
4カ月ですか。
どんな広さでも必要な設備はあるので
きっとその位は掛かるのでしょう。
うちは多分6ヶ月掛かりそうです。
パネル住宅では無いので
大工さんが丁寧に建てていくと思うと
ちょっと嬉しいです。

予算オーバーは辛いですよね!
楽しい別荘生活も
最初でつまずいてしまいますv-8
又ブログを覗いて下さいませ♪
2011年07月03日(Sun) 14:27
時には厚かましく
編集
Maryroseさん今日は!

家の建築も、後半に入ると俄然加熱してきますね。そうです、建築当初では思いつかないことが、形ができてくると、思い浮かぶことが多いのですね。後になって後悔するのがいやなので、それを言うと「追加工事」となるのでしょう。
しかし、ここが、考えどころ。「追加工事」といわれるのなら、反対に、「それぐらいは当初設計に含まれている」といって、がんばってみるのも一方では。
駆け引きのスリルとサスペンスを楽しんでください。拙宅では、スピーカーの配線は当初設計に入っていました。
2011年07月06日(Wed) 08:13
山栗さま
編集
こんにちわ♪
「頑張ってみる。」はい、そう致します(笑
駆け引きのスリルを味わうって
値切りのお上手な関西人に学ばないと^^。
アドバイス有難うございます♪

スポーカーの配線って簡単な事なのに
なんでお金が掛かるのかしら?
大工さんが「いいよ~。」って
やってくれると思っていましたv-239
別に露出配線で良いのですが
キッチリ隠した設計で考えているのかもしれません。

それ以外にも、色々あって、
何でもv-61
悔しいから、チョコチョコ交渉しておりますわ。
2011年07月06日(Wed) 09:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL