TOP海外旅行 ≫ ベルサイユ宮殿の旅 2 グラントリアノンとマリーアントワネットの離宮

ベルサイユ宮殿の旅 2 グラントリアノンとマリーアントワネットの離宮

さて、宮殿もハイライトはしっかり見て
素晴らしさを再確認いたしました。

では、お目当てのガーデンに出発しましょう~。

宮殿の出口にはイヤホンガイドの返却場所が無かったので
「どこでイヤホンガイドを返却するのかしら?」とちょっと困りましたが
ガーデンに行く通路で「回収箱」を発見しました♪♪
(投げ入れるだけの回収箱なの)

14versailesgarden0410F199.jpg


宮殿の庭園は100万㎡以上で、天才造園家 ル ノートル が手がけています。
とても歩いては回りきれません。

14pettittran0410F8198.jpg

そこで、プティ トラン に乗車しました。
トランで回っても50分かかります。

ガーデンの入口に券の販売所があり、グラントリアノン、グランカナル、プティトリアノン、
を周遊するので、好きな場所で乗り降りができます。

イヤホンガイドも借りられますが、パスポートを預けないといけません。
いやいや、ワタクシそこまでして借りたいとは思いません。
パスポートは海外では命ですから!




「大運河」ここでは大噴水ショーが開かれる場所。
週末だけなので、今回は見れませんでした。

噴水の中には素晴らしい彫刻が沢山あります。
14grandcanal0410F8203.jpg


プチ トランに乗ってガタガタ庭園を進みます。

14versailesgarden2F8206.jpg

これは歩ける距離ではないわね~、と納得の広さ。
(でも30分かければ歩けます。)

グラントリアノンは12時からオープンなので
その前にグランカナルへ。

元々水のない場所に水を引いて 一大運河を作っています。
14grandcanalgarden04102F8215.jpg

子供たちがカヌーの練習に来ていました。
ベルサイユ宮殿の運河で普通の子が練習に使うって凄いですよね。
二条城のお堀で(お堀はないけれど)練習するみたいな感じ?

古い歴史のあるもの物でも、上手に現代に利用している事にびっくり。
素晴らしい発想です。

14kanugarden0410F8220.jpg

14kanugarden0410F8219.jpg

水辺といえば、白鳥とカモ。
14duck0410F8223.jpg

ここにもいて、寄ってきます。

そこで、ワタクシ バックからおやつを取り出してあげました♪

14senbei0410F8222.jpg

どう?こんな美味しいもの食べた事ないでしょう~♪♪

と言っていたら、この子達もやって来ました。
お味がわかるのね~(ただの雑食か!)

14koigarden0410F8225.jpg

大切なおやつを、ベルサイユに住むカモとコイにあげました♪♪

14duckgarden0410F8226.jpg

何匹も来て、取り合っています。
日本のお菓子は美味しいでしょう!

なんて、まったりして足も寛いだので、
さあ、グラン トリアノンに歩いていきましょう。

ごめんなさい、まだ離宮にたどり着きませんわ~(汗



ブログ村 ポチッとね♪

 ブロブ村


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
お天気が良くて良かったですね。
これで曇天だったら美しさも半減ですよね。
パスポート、預けるのよく有りますね。
昔は、チェコのホテルでも有りました。
私は絶対預けませんでした。
その代わり、お金を預けます。100ユーロだったかな。
今は、そんな事も無いようです。
2014年04月25日(Fri) 15:10
No title
編集
ベルサイユも広いですよね。週末に行くとジョギングしてる人なんかも見かけますよ。
普通の公園感覚で利用している人もいるみたいです。
まあ,皇居の周りでも皆さんジョギングしてますけどね。^-^

散策してお腹が空いても、食べたりする所がないですよね?
飲み物の販売機なんかもありませんし、持参は必須ですよね。
この歌舞伎揚げ、私も好きです〜♪
2014年04月25日(Fri) 18:38
太巻きおばばさま
編集
お天気が良くて、最高でした。
歩きすぎてすっかり疲れましたが心は晴天♪

やはりパスポートは預けませんよね!
今年の一月ロシアでもパスポートを預けました。
これは嫌な気がしますよね。
トランのオーディオを借りるのにパスポートはあんまりでしょう。
それにこんな場所まで持ってきていませんし(笑
2014年04月25日(Fri) 22:56
yoyoさま
編集
ガーデン利用だけの人は無料なのでしょうか?
犬連れの人やジョギングの人もいました。
地元の人だけ無料なのかしら、なんて思いました。
皆さんがグランカナル周辺で寛いでいて、とてもいい感じでした♪

自動販売機。これは日本にいると当たり前ですが
外国ではないですから、不便ですよ!
バッグにお水お菓子を詰め込んで行きますが
肩がこって辛いです。。。。
2014年04月25日(Fri) 23:01
No title
編集
MaryRoseさん、こんばんは♪

青空が広がって清々しいですね~♪

カヌーの練習風景をながめたり
ちょっと立ち止まってカモやコイに
おやつをあげたりの写真を見てると
まったり感が漂って
私ものんびり旅をしているような、そんな気分になります(*^_^*)
誰にも気兼ねなく、自分の思いのまま行動できるのは
ひとり旅の醍醐味ですね♪
歌舞伎揚の美味しさにフランスのカモや鯉たちびっくりしてたかもね^^

↓は~い☆旅行についていくの、止めます(笑)
2014年04月26日(Sat) 00:43
No title
編集
まあ、なんて広い庭園なんでしょう!
これでは歩くのは大変ですね。

あはは、こんな所でMaryRoseさんのバッグから歌舞伎揚げが出てくるとは(笑)
きっとカモや鯉もびっくりしたでしょうね(笑)
2014年04月26日(Sat) 12:48
kaoriさま
編集
自分の行きたい場所に行ったり、気に入ったら好きなだけいれるのが
個人旅行の醍醐味でしょうか♪
足が疲れたので、水辺で少し休みながら
カモ達を見てのんびりしました。
歌舞伎揚げ、美味しいですよね!
おばさんのカバンは何でも入っています(笑
2014年04月26日(Sat) 21:09
あっぷる5さま
編集
宮殿も広くてゆっくり見ていたら一日が終わってしまうし
庭園も広すぎて目的がはっきりしないと
行きたい場所にたどり着きません~。
足が痛くて泣きたいほどでした(汗
ふふふ。
カバンには、アメ、おせんべい、クッキー、お水と
準備万端でした♪
カフェは混んでいるし、自動販売機は無いので
ドラエモンの袋みたいに「何でも出てくるカバン」でした(笑
2014年04月26日(Sat) 21:14
No title
編集
本当に広いんですね~
当時は何で移動していたのでしょう?馬車かしら?
これではツアーで行ったら、何を見たら分からないまま終わってしまいそうです(笑)
歌舞伎揚げ(笑)甘酸っぱい味、鯉さんたちわかるのかしら?ふふふ・・。
2014年04月26日(Sat) 22:41
No title
編集
庭だけでもやっぱり入場料はいると思いますが
少し前までは無料だったみたいです。
ただ、ベルサイユを奇麗に維持して行くためには、観光客の
入場料だけでは、工事や庭の手入れなど全然追いつかないので
人々の寄付や世界各国にいるスポンサーが、毎年宮殿の維持のために
お金を出してくれているのだそうです。
有り難いことですね。
2014年04月27日(Sun) 05:07
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年04月27日(Sun) 20:14
Re: みゆさま
編集
こんにちわ。

> 本当に広いんですね~
とても広いです。
この頃の贅沢さが偲ばれます。

> 当時は何で移動していたのでしょう?馬車かしら?
きっと貴族は馬車でしょうね。
それ以外の位の低い人や使用人は徒歩かしら。

> これではツアーで行ったら、何を見たら分からないまま終わってしまいそうです(笑)

ツアーは見所を圧縮して見せてくれるから効率は良いのですが
早すぎて記憶に残るかしらね(笑

> 歌舞伎揚げ(笑)甘酸っぱい味、鯉さんたちわかるのかしら?ふふふ・・。

ははは、このお味が分かれば一人前?かしら。
2014年04月27日(Sun) 20:26
Re:yoyoさま
編集
再度ご説明有難うございます♪

> 庭だけでもやっぱり入場料はいると思いますが
> 少し前までは無料だったみたいです。

そうですか~。
犬連れ、孫連れて、のんびり散歩したりしていて
まるで自分のガーデンのように過ごせて羨ましかったです。

> ただ、ベルサイユを奇麗に維持して行くためには、観光客の
> 入場料だけでは、工事や庭の手入れなど全然追いつかないので
> 人々の寄付や世界各国にいるスポンサーが、毎年宮殿の維持のために
> お金を出してくれているのだそうです。

そうでしょうね。
あれだけの宮殿やガーデンを維持するのはかなりの費用が掛かることでしょう。

国王や王妃達の浪費で出来た宮殿ですが
今となってはフランスの貴重な財産ですね。
2014年04月27日(Sun) 20:31
Re: カギコメ Aさま
編集
はい、大丈夫です。
その間はお山におります。
お手数おかけします♪
2014年04月27日(Sun) 20:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL