TOP遊んだり食べたり ≫ ヴェルサイユ宮殿への旅 1

ヴェルサイユ宮殿への旅 1

今回パリで一番の行きたかった場所はベルサイユ宮殿のトリアンとヴィレッジ。 

昔、家族で行きましたが、その時はベルサイユ宮殿とその庭園を回るだけで
一日が終わってしまいました。

今回は再度チャレンジします♪♪
宮殿を回るのにかなり時間がかかりますので、
自分の行きたいところをはっきりさせておきます。

<セーヌ川のそばにあるRER Pont de I'Alma そば>

14river0410F8121.jpg

さて、行き方は 幾つかあります。
地下鉄9号線で行ってバスに乗るか、RERに乗るか、後は鉄道。

お手軽に行ける、パリから出るバスツアーもあります。
でもこれは私の行きたいビレッジまで行くのは無いので、パス!

RERは C5線 VersaillesChateau 行きで、これは終点まで行くので、
乗り過ごす心配がないのでRERにしました。

ただ、ちょっと「RER の治安が悪い」という記事を見かけたので心配で
ブログ友人のyoyoさんにご相談させて貰いました♪

現地の人のアドバイスが一番安心ですからね。
yoyoさん、アドバイスありがとう御座いました(*゚▽゚*)

実際のRER C5線 朝は通勤列車で通勤客が沢山乗車していて、安全でした。
帰りは、ヴェルサイユからの帰りの観光客が沢山乗っており、
不審な人は見かけませんでした。

一人旅ではこんなところはちょっと注意をしておきます。

----------------------------------------------------------------
ブログ村 ポチッとね♪

 

----------------------------------------------------------------
宮殿の見学は続きます。



朝8時半に RER に乗って約20分。
終点の駅で降りて、ヴェルサイユ宮殿を目指します。

駅から10分位歩くと
やっと入り口が見えてきました。

14veraillesentrance0410F8125.jpg
皆 そちらを目指しているので迷子にはなりません。

さあ~やっと入口に入場です!

個人客でチケットを持っている人はAの方に進めばOK.
この時間ですと、まだそれ程混雑していません。

14versaillesentrance3F8127.jpg


日本で宮殿入場チケットを購入して行くと便利です。
こちらのサイトでクレジットカードで購入し、プリントアウトして
持参しました♪

お天気も良くて、お散歩日和です。
でもヴェルサイユはパリよりも少し肌寒いので
コート有りの服装で、ちょうど良い感じでした。

blg14versaillesmama0410F8131.jpg

さて、宮殿の見学開始です。
目標は庭園ですが、せっかく来たので
午前中は宮殿のハイライトを見ていくつもりです(^O^)

<王室礼拝堂:国王たちは2階から礼拝に参加したそうです。
マリーアントワネットとルイ16世の結婚式もここでとり行われました。 >
14chapelleroyal0410F8141.jpg

<豊穣の間:王族たちが飲み物や軽食を食べた部屋>

14salondeabondance0410F8144.jpg

<戦争の間:ルブランの天井に描かれたが素晴らしい。>
14versailles0410F8148.jpg

<鏡の回廊:シャンデリアと375枚の鏡が73m続く回廊>

ヴェルサイユといったらこれを見なくっちゃね!

14galeriedeglaces0410F8161.jpg

blg14galareiedesglacesmama0410F8163c.jpg

はあ~(^O^) 鏡の間を見れたら宮殿の目標は半分は達成ですわ~♪♪

14galeriedesglaces0410F8162b.jpg

<王の寝室:絢爛豪華です。>
14chambreduroi0410F8168.jpg

<王妃の寝室:三人の王妃が利用し、19人のお子がここで誕生。
ベッドも壁もカーテンもこの柄で統一してあります♪>

14chambledelarreine0410F8175.jpg

14chambredelareine0410F8176b.jpg

<メリクリウスの間:儀式用の寝室>

14salondemercure0410F8159.jpg

<戴冠の間:
「ナポレオン一世の戴冠式」の絵画が飾られています。オリジナルはルーブル美術館にあります。>

14alledusacre0410F8193.jpg

<部屋壁面一杯の素晴らしいタペストリー>
14tapestry0410F8182.jpg

<宮殿内の階段>
14versaillesstaire0410F8192.jpg


 ブログ村 ポチっとね♪
  

 ブログ村

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
ベルサイユ、大昔に行きましたが、
相変わらずの美しさ。
待ちませんでしたか?

ドイツでも同じような感じの鏡の間はありますが、
ベルサイユの鏡の間を真似たんだと思います。
やはり本場物は素晴らしいです。
2014年04月23日(Wed) 17:24
No title
編集
Maryroseさん、いよいよ旅行記ですね!
いえいえ、アドバイスだなんて。何事もなく電車も使えて良かったです。
実はこの駅から家まで、徒歩5分くらいなんですよ。

ベルサイユ宮殿も空いててよかったです。ひどい時はこの宮殿内も
上野動物園のパンダ前みたいに、立ち止まらないで下さい状態らしいですよ。
トイレとかもすごい列だったり!
こちらは今日もMaryroseさんが滞在されていた時と同じような、
いい天気が広がっていますよ〜。引き続き旅行記楽しみにしてます〜。^0^
2014年04月23日(Wed) 18:09
No title
編集
素敵、素敵~ヽ(´▽`)/
ベルサイユのバラを暗記するくらい読んでいたので(笑)
ずっと行きたいと思いながらパリ市内だけでまだ行けてないのです。(泣)
本当はツアーではなくて個人手配でいければ、ゆっくり見学できるのに・・・。
といつも思いますが、子供が小さい頃、個人で行って、パリしか行けなかったので
ツアーの効率の良さと楽さに最近は惹かれていますヽ(;▽;)ノ
今後の旅行記も楽しみにしていますね。
2014年04月24日(Thu) 10:23
パリの旅
編集
パリは見るところも多く 欲張り過ぎて疲れるでしょう~
私は念願のサンジェルマン.デュ.プレのサルトルやピカソが愛した
オープンカフェでランチとお茶をしてきました。
以前、父がモンマルトルで買ってきた油絵の題材の店、シャンソンを聞かせる
お店を探したりと、とにかく疲れました(笑)
2014年04月24日(Thu) 10:43
太巻きおばばさま
編集
この時期はまだ観光シーズンより少し早くて
全然混雑はしていませんでした♪
今頃は混んでいるかもしれませんね。

ドイツでも鏡の間は有るのですか。
お手本になるような素晴らしい設計です。
でもね、エカテリーナ宮殿のほうが、豪華絢爛でした(*゚▽゚*)
2014年04月24日(Thu) 13:21
yoyoさま
編集
いえいえ、いつもは主人や友人と一緒なので
少しは安心ですが、やはり一人だと安全を一番心配します。
こんなマダムは狙わないと思いますが(汗 ?
ですから、アドバイスを頂いて、安心して、行けましたわ~。
え?あそこからすぐそばにお住まいですか!
便利な場所ですね♪♪
街並みもとても素敵でした。

上野動物園のパンダ並。。。あはは~。年がわかりますわ(*≧∀≦*)
朝早かったのと、団体さんが少なかったので混雑していませんでした。
頑張っていった甲斐が有りましたよ!
2014年04月24日(Thu) 13:25
みゆさま
編集
ベルサイユのバラですか!
素敵な漫画でしたね~♪

個人で行くと効率は悪いですが
自分の好きなスケジュールで回れますから
それも魅力です。
ベルサイユへのツアーも有りますが、宮殿のハイライトも説明してくれるので
それも良いかもしれません。
私は、ガーデンの奥の方を見たかったので
一人で遊びに行きました♪素敵でしたよ~(*゚▽゚*)
2014年04月24日(Thu) 13:29
ぽっぽさま
編集
サンジェルマン デュプレに行かれたのですね♪
私も今回遊びに行きました。
後でちらっと書くのでご覧下さいね♪
そんな素敵なカフェが有るのですか。
目的があると楽しいですよね。
旅行はいつもより沢山歩くので脚が疲れますよね。
2014年04月24日(Thu) 13:32
No title
編集
はぁ~~♪
なんて美しいベルサイユ宮殿☆
ため息しかでません
もぉ~絶対行きたい・いきます!

息子たちの新婚旅行がフランスとか言ってるので
くっついていちゃおうかしら(笑)

両家顔合わせが遅れてますが
11月挙式予定で、式場も押さえたようです。
何の相談もなく決めちゃって・・・
ちょとだけ悲しかったです^^;
2014年04月25日(Fri) 11:37
kaoriさま
編集
ベルサイユ宮殿美しいです!ガーデンも美しいです♪
フランスは見所が沢山あるので、何回行っても違った場所で楽しめますよ♪

新婚旅行に付いて行ったら嫌われると思うので
それはちょっと~汗 ブログ友人として引き止めます(*゚▽゚*)
娘なら良いかもね~。

挙式会場が決まったのですか♪
これからどんどん詳細を決めていく段階ですね。
うちも、なんの相談もなく「●日でここにしたから!」と言われました(汗
今はそれが普通ですよ。
「両家の結婚式」ではなくて「本人たちの結婚式」って感覚です。
2014年04月25日(Fri) 12:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL