TOPスポンサー広告 ≫ ロシアの旅 サンクトペテルブルグTOP日々の事 ≫ ロシアの旅 サンクトペテルブルグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ロシアの旅 サンクトペテルブルグ

モスクワから国内線でサンクトペテルブルグへ。
国内線でもセキュリティーチェックはかなり厳重です。

131230moscowairportF7385.jpg

モスクワの空港内はWi-Fiが繋がりました。
待ち時間に、FaceBookなどをチェック。
周りを見ても、ロシアの人もiPhoneを持っている人が多いのにびっくり (゚o゚;;
普及していますね~。

1時間半で サンクトペテルブルグへ。

バスの車内から見えた、ライトアップされて美しい
エルミタージュ美術館。

13elmitajyu1230F7391.jpg

世界三大美術館の一つ、輝かしいロマノフ王朝の繁栄が忍ばれる
豪華な宮殿です。

エカテリーナ二世が買い集めた世界の美術品があり、
宮殿そのものが最高の美術品なのです。


二日間ゆったりとエルミタージュ美術館を見学しました。
といっても五つの宮殿が繋がっているので
全体を回り切る事はとても不可能です。



夜のエルミタージュ美術館

131230elmitajyuF7390.jpg

次の朝から見学です。コートは全員入口で預けます。
リュックとA4サイズ以上のバッグも預けないといけません。
飲み物持ち込み禁止。(当たり前ですよね)

ガイドさんから離れたら戻ってこれた人はいなかったし
絶対迷子になるので、付いてきてください、と念を押されました (*゚▽゚*)

<大使の階段>
各国の大使や王族が通る階段です。

13elmitajyutaishinokaidan1230F7409.jpg

ここには、有名な美しい女性スリがいるので
バッグはしっかりと持って下さいとご注意が (;_;)


13elmitajyu1231F7451.jpg


<パビリオンの間>
古代建築、ムーア風建築、ルネッサンス建築の様式などが複雑に絡み合った豪華な部屋で
中央にはグリゴリー・ポチョムキン公爵がエカテリーナ2世へのプレゼントとして送られた
孔雀時計があります

13elmitajyu1230F7420.jpg

13elmitajyu1230f17.jpg

日本語も堪能な国立芸術大学を出たガイドさんが
有名な場所を説明してくれました。

13elmitajyuguid1231F7455.jpg

<ラファエロの回廊>
旧エルミタージュと新エルミタージュをつなぐ長い通路がラファエロの回廊。

13elmitajyu1231F7444.jpg

素晴らしさに感動! 期待以上の美しさとスケールの大きさでした。
真冬のロシアに来て良かったと実感。

そうそう、この日の鑑賞を終えてバスに乗って出ようとした時
添乗員さんが何度数えても数が合いません。

青くなった日本人の添乗員さん!
一人足りなかったのです。
慌てて、現地のガイドさんと探しに行きました。。。。


さて、大晦日の夜はエルミタージュ美術館内の劇場で
バレえ鑑賞しました!!!

昔、エカテリーナ二世の頃に個人用の劇場として作られたものだそうです。
各国の王族や大使の接待や
エカテリーナの音楽鑑賞に使用した劇場で見られるなんて。。
歴史を活かして現在も使用されているのですね。

<宮殿内の劇場>
13elmitajyubalette1231F7573.jpg

座席が真ん中に向かってカーブしており
どの席からでもよく見えるように設計されています。
(建築家ジャコモ・クワレンギ)
13elmitajyubalette1231F7575.jpg
演目は「白鳥の湖」
美しい音楽に素晴らしい背景。バレエも最高でした。

上映中はカメラ撮影禁止でしたが
「最後の挨拶」では皆が写真を撮りだしたので
私も急いで撮りました。
13elmitajyubaletteendF7584.jpg

13elmitajyuballet1231F7583.jpg

<劇場のホールの天井>
13elmitajyuballet1231F7577.jpg

娘が昔踊った同じ曲が流れ、振り付けも似ていたので
思わず顔を見合わせて笑顔に (^O^)

大晦日の夜を 家族と素晴らしいバレエ鑑賞が出来
一緒に楽しく過ごせた事に 感謝致します。

一生の思い出になることでしょう~。




ブログ村に参加しています。

ポチッとね♪

ブログ村
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
サンクト、思い出します。
素敵ですよねぇ。
エルミタージュの琥珀の間の琥珀は、
プロイセンから貰ったものなんですよ。
その代り、ロシアから兵士を貰ったという話が残ってます。
2014年01月18日(Sat) 00:02
太巻きおばば さま
編集
サンクトペテルブルグの街は
全てが歴史そのまま生きているような素晴らしい街でした。
ヨーロッパから近いので、そちらからは行きやすいのでしょうか。
琥珀の間も行きました!
戦争で琥珀がはがされて盗まれてしまったのを
戦後ずっと改修しているとのこと。
さすが、ロシアです!
2014年01月19日(Sun) 21:43
No title
編集
エルミタージュ行きたいのです~
本当に壮大で荘厳ですねヽ(*´∀`)ノ
ラファエロの回廊、本物を見たら感動でしょうね~
素敵な、年末年始ですね・・・。
2014年01月20日(Mon) 18:35
No title
編集
エルミタージュ美術館は本当に豪華絢爛ですよね。
もちろん私は行ったことなどありませんが、
つい先日、BSテレビで放送しているのを観て感動したところです。
孔雀時計も動かしていましたよ。
本当に素敵ですよね〜♪
また宮殿内の劇場でのバレエ観賞は素晴らしい思い出になりますね。
こうして写真で拝見しているだけでもワクワクしてきます(*^^*)
2014年01月20日(Mon) 21:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。