TOP別荘建築 ≫ 工事請負契約と地鎮祭

工事請負契約と地鎮祭

大安の4月17日に工事請負契約をしました。
工務店の社長と契約を取り交わし、
10年保障の事や個人情報の取り扱いなど
説明して下さいました。

まだ、設計も器具も全てが決定したわけでは有りませんが
「大丈夫ですよ。
変更は、後でその都度差し替えて、費用も増減した分を計算します。」と
設計士さんの説明。
都会のホームメーカーさんの方式とは大分違います。

設計士さんも変更を嫌がる人では無く
むしろ積極的に私の意見を取り入れてくれようとする姿勢が
とても好ましいです
設計費用分は働いてくれていますね。

さて、契約の後、急遽現地で地鎮祭をしました。
大安でもありますし、明日から作業に入るという事なので
土地の神様にご挨拶をしないといけません。

土地の六隅と、家の建設予定の場所に
清酒、お塩、お米を撒いて、お祈りを捧げました。

私達夫婦と、設計士さん、工務店の社長の四人で
執り行いました。

お天気も良く、気もちの良い春の日に
地鎮祭が出来、心も晴れて、楽しい一日でした




さて、昨夜は土地を歩き回って家の配置を決めた後
又何周も土地を歩きガーデニングの構想などを練っていた為
すっかり疲れてしまいました。
もう、頭と体力が一致しない年令です!!!
でも余りにも嬉しくて(?)興奮したのか、
二時半には目が覚めてしまったワタクシ。

早朝から、源泉かけ流しのお風呂に浸かり、
又頭の中はガーデニングの事で一杯

「どこに通路を作ろうか。」と考え出すと
「え~と、どこに丘と窪みが有ったかしら?」となって
もうここの土地にテントでも張って、住んでいたい位ですわ 
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL