TOP別荘建築 ≫ 建築物資の不足

建築物資の不足

東日本大震災からやっと一か月が経ちました。
心の中がざわついていて、パソコンに向かう気持にもなれず
ブログも書けませんでした

桜の花も満開になったのに、何故か心がウキウキしません。

でも、やっと今日ブログを再開する気分になって来ました。
これも春の陽気のお陰でしょうか

さて、わが別荘建設の進行状態は。。。。

もうすぐ、工務店との工事契約を結ぶ段階です。
設計が固まり、細かい見積もりを貰って、
本来ならもっと安くするために色々検討したいところですが
とにかく、契約をしないと
建築物資が間に合わなくなりそうなのです

ガラスとか、屋根材とか、被災地の仮設住宅の需要の為
今建材が無くなっているそうです。
別な業者さんはオーダーを取れないほど
建材が無いそうです。

私もイケ●で震災前にキッチンの見積もりをお願いしており
震災後に見積もりを貰いましたが
「人工大理石、排気ファンは被災地優先の為有りません。」
と但し書きが付いて来ました。
イケ●は色々面倒なので諦めました。

それと。。。。
日本に別荘を建ててもって事も考えました。

東海沖大地震が来たら。。。
静岡に大地震が来たら、浜岡原発の影響でこの別荘はどうなるかしら
という不安はぬぐえません。
その時は又その時考えるしかないでしょうね。。
スポンサーサイト

Comment

編集
>日本に別荘を建ててもって事も考えました。

確かに。日本ではどこでも地震は起こりうるので、できるだけ地盤が強いところがいいんでしょうね。
2011年04月13日(Wed) 09:54
まかぱぱさん
編集
島国で、地震大国で、原発が所々にある日本。
今まで「きっと大丈夫。」と思ってきた事が
崩れていく怖さ。。。。
考えると息苦しくなります。
2011年04月13日(Wed) 16:59












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL