TOP日々の事 ≫ 四十九日

四十九日

チャーリーが亡くなって、四十九日が経ちました。

毎日思い出しては、失った悲しみの涙が溢れていましたが
新年の区切りもあり、涙を見せないように努めて明るく振舞っていました。
でも、一人になると、しくしくする毎日でした

美味しいものを食べては
「チャーリーがいたらピョンピョンして欲しがっていたのに。」とか。。。。

「こんな時はお腹を出していたな。」とか。。。

不思議なことに、このごろ、四十九日を迎える今週頃になると
段々心が落ち着いてきました。

今までは張り裂けるような悲しみでしたが
今は楽しい思い出が蘇ります。(涙が出るのはまだ仕方ないですが。)

何だか「四十九日」とわざわざ区切っているのは
人間の心の自然な流れを読み取っているように感じます。

悲しみは、時間が解決してくれることは分かっていましたが
それが大体四十九日なのでしょうか。


ちょっと不思議な気がして、調べてみました。

--------------------------------------
1.四十九日の意味と、法事・法要の種類
仏教において、亡くなってから49日間を「中陰」と呼びます。
7日ごとに、初七日、ニ七日(ふたなぬか)、三七日(みなぬ か)~中略~
七七日(なななぬか=49日法要のこと)といった名前がつけられています。

この間、七日ごとに閻魔大王による裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのが四十九日目で、この日が忌明けとされます 。
遺族は、七日ごとの裁きの日に合わせて故人が成仏できるように祈ります。少しでも閻魔大王様に良い判定をいただくために、遺族が祈ることによって故人の善行を足していくという意味で、追善法要と呼ばれます。

冠婚葬祭マナーより

------------------------------------------

チャーリーはお留守番も良く出来たし、癒してくれたし、
飼い主に忠実でしたし、健康だったし、他のワンチャン達にも優しかったし
極楽が有るとすれば、極楽に行っているはずです

雪も大好きだったチャーリー。
先日の雪を見て思い出していました 

<2008年2月の大雪の時>
0803charlyP8255.jpg


皆様も楽しい日々でありますように。。。


ブログ村参加しています。
ポチッとお願いします。

  ↓

 ブログ村

スポンサーサイト
Comments (4) Trackbacks (-) | 日々の事

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年01月20日(Sun) 08:42
Re: No title
編集
カギコメさま>あの日は、有難うございました。
お顔を見たら涙が止まらなくて、グシャグシャになってしまって。。。。

ご一緒して良かったですわ。あれもご縁と思い、飛び込んでみました。
悲しみが溢れましたが、穏やかな気持ちもしています。
涙は心を洗い流してくれますね。

> でも、どうぞご無理をせず あまり頑張らないで下さいね・・・
> ありのままでいて下さい

ありがとう。又思い出したら泣くと思いますが
チャーリーも天国か極楽に行って、
楽しく暮らし始めた気がしています♪
2013年01月20日(Sun) 16:11
No title
編集
早いものですね~もう49日。
時間が薬と よく言ったものですね。
チャーリちゃん無事極楽に行けたでしょうよ。
2013年01月20日(Sun) 22:32
Re: No title
編集
チコさま>こんにちわ。

早いものですね!
泣き濡れて悲しんでいましたが
すっと楽しい思い出で蘇るようになりました。

> チャーリちゃん無事極楽に行けたでしょうよ。

極楽で、毎日友達と遊んでいることでしょう。
チコちゃんの以前買っていたワンチャンも極楽にいる事でしょう♪
2013年01月21日(Mon) 13:40












非公開コメントにする