TOP別荘建築 ≫ 迷いの森~「主暖房」

迷いの森~「主暖房」

主暖房設備はどうするか?

最初は迷いも無く、「蓄熱暖房機を床下に設置する。」方式を
考えていました。
もちろん、オール電化で深夜電力を使って、お湯を温める方式。
電気代も安いし、基本料金も安いそうです。

何故かというと、見せて頂いた三軒がそうだったから。
でも、良く考えるとそのうちの二件は永住者。

私はきっと「年の半分永住」かしら?
それ程お湯をバンバン使う年代でも無いな。。
初期費用もかなり掛かります。

それにうちの場合、井戸なんですよね。
せっかく新鮮な井戸水を使えるのに
大きなタンクに入れっぱなしで、温めるのって
何か勿体なくないかしら?

蓄熱暖房を床下に入れたお宅は
「寒くはないが、暖かくは無い。」って感じでした。
寒がりの私は、これで大丈夫かしら?

選択肢として考えているのは
ヒートポンプ式で「床暖房」。
でも寒冷地なので、不凍液を温めるでしょ。
不凍液の寿命は5年ってあったけど、
本当だったらパスですね!

電線を敷くタイプも有ります。
これは、設置工事費と電気代がかなり掛かりそうです。
でも、きっとこれなら、かなり暖かいでしょうか

暖かいのは嬉しいな~。
でも電気代が高いのは困るな

あと、灯油で床暖房って設備もありますが
暖かいでしょうが、いない時に火が燃えているって
どうなのかしら???

設備が良く分からないのと
寒冷地の寒さを実感していないので
グルグルと迷いの森に、突入しています~
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
一番悩むところですね
暖房設備を考える場合に肝心なのが、家そのものの断熱性、気密性ですね、これが完璧でないとどの暖房も駄目かもしれません
この断熱に充分費用を見てください、友人宅は外貼り断熱+発泡ウレタン充填、そして窓、サッシュは金属製は駄目です、木製か樹脂製、ガラスも勿論ツインタイプ、大きな面のガラスはトリプルがいいかもしれません
この断熱がかなりのレベルでしたら蓄熱暖房で充分ではないかと思います
寒がりでしたら、容量の大きなタイプを入れると良いかも
ただ蓄熱暖房は温度調整が即対応できません、なので寒くない程度がいいのでは・・・
これに、薪ストーブ焚きますと、室内は南国状態以上となります
Tシャツで生ビール状態、我が家の二階は30度、窓を開けます
なので、ストーブをお考えでしたら、シーリングファンも考慮してください
あまり室内を暖かくし過ぎますと、外に出る時の着替えが大変ですよ(笑)

不凍液を温める方式の床暖房は、別荘ではメンテナンスが厄介かも
ポンプの故障もよく耳にします
石油方式は考えから外してください
現在我が家はガス湯沸しでの給湯なのですが、深夜電力を使って、お湯を温める方式に切り替える予定です、お風呂、炊事にはこれで充分ではないでしょうか
美味しいお茶は、鉄瓶で沸かしてください

燃料の種類を一本化することで、コストも手間も省けます
オール電化が良いかもですね
この場合薪ストーブは問題ないようです(アクセサリーですので)

でも、「年の半分永住」はかなりの永住率ですね
2010年12月04日(Sat) 07:56
追伸
編集
年の半分永住なら、是非「固定資産税の軽減制度」をご活用ください
薪代の一部くらいには成るかもですよ
別荘とは
日常生活に利用しない家屋のうち、避暑、避寒等専ら保養のために利用する家屋を言います。
然し、※特定の人が年間を通じ継続して「毎月1日以上居住する家屋は、日常生活のために利用する家屋として住宅に含まれます。このような家屋を「セカンドハウス」と言います」
この「セカンドハウス」の要件を満たせば、固定資産税の減額が適用されます
是非、地元の役場に問い合わせてください
土地面積が大きければかなりの減額になりますよ
減税額=200㎡まで評価額の1/6+200㎡以上評価額の1/3
(家屋の床面積の10倍まで)
ETCの利用明細書でOKです


2010年12月04日(Sat) 08:20
悩みますよねー。
編集
私の周りの八ヶ岳住人はみんな薪ストーブ一本勝負です。
うちも導入したかったけれど、薪の手配等がめんどくさいのと、設置スペースの関係で断念。
続いて、ペレットストーブも断念。

結果、導入したのが温水ルームヒーター(F社のホットマン)です。
赤く燃える炎を見る楽しみも情緒もへったくれもないんですが、空気も汚れず、使い方もいたってシンプルだし、オフシーズンはコンセントを抜いて片付けられるから部屋もスッキリ。
ただ、スイッチを入れて運転するまでが少し時間がかかるので、冬の夜に別荘に着いた時はけっこうシンドイです。
でも、うちはログハウスで、家自体が蓄熱材みたいなものなので、一度暖まるとなかなか冷えません。(逆に、一度冷え込んだログはなかなか暖まらない)

いろいろ、楽しく悩んでくださいねー。

2010年12月04日(Sat) 22:48
焚き火野朗さん
編集
「室内は南国状態以上」ですか!
うわ~、嬉しい実感を教えて下さって有難うございます(-^〇^-)
その状態が理想です。
そうですか、蓄熱暖房機でも大丈夫ですか♪

見学した家は、薪ストーブはなくて
蓄熱だけで、なんとな~く寒かったのです。
家の中でオーバー着て丁度良い感じ。
でも、床は暖かかったです。
人がいないと寒く感じるのかも。。。

断熱性は設計士さんにお任せですが
多分大丈夫だと思います。
窓も二重で樹脂か木製の予定。

焚き火さんも深夜電力に切り替える予定ですか。
電気料金がどのように変化するかしら。。。
でも、そうなさるには、きっと沢山のメリットが
あるのでしょう(*^^*ゞ
2010年12月05日(Sun) 07:51
焚き火野朗さん②
編集
セカンドハウス減税ですね!
はい、私もそれを使おうと思っています。
レシート管理と申告を忘れない様にしなくっちゃ。。。
色々な事があるので
つい、うっかりしちゃいそうです(^_^;)

別荘を作るのも、結構手間が掛かり
何だかゆったり和むのは、いつの事やら。。。
でも、ストーブを前にのんびりできる日を夢見よう~♪

焚き火さんも毎週のように
通っていらして、凄いですね。
私は数年後は、こちらにずっといるかもしれません。
(気に入ればの話ですが)
2010年12月05日(Sun) 07:58
yannさん
編集
こんにちわ♪

ログハウスにお住まいなのですね。
風情が有ってかっこいいですよね!
冬は最初温まるまで寒いと聞いて、
私はすぐに断念しました(*^^*ゞ

薪ストーブの「薪の手配」。
面倒です。
これが心配でしたが、薪の宅配もあるので
手軽にそれで始めてみようかと
思っています(・.・;)

温水ルームヒーターホットマンですか。
仕舞えるのが利点だわ!
皆さん色々研究なさったのですね。

こうやって教えて頂いて
とても助かります(*^_^*)
2010年12月05日(Sun) 08:11
No title
編集
暖房の森へようこそ(笑
うちの最終候補に残った、
レンガのような蓄熱体を深夜電力で暖めるタイプの蓄暖はどうでしょか?
温水タイプよりは、かなり暖かいようですが。。

あとは、普通のファンヒーターとか、こたつとか、
お手軽な副暖房と組み合わせるのも融通がきいて良いと思いマス。

でも、やっぱり薪ストーブかな!
別荘ならなおさらですよっ
2010年12月05日(Sun) 17:02
高原の冬は寒いですから
編集
標高は1000mくらいでしたっけ? そのくらいで冬寒くない家というのは、都内の家とは構造が全く違います。
例えば、冬に四駆の車でスタッドレスタイヤを履いて、東京から山の別荘(外気温例えばマイナス3度)に到着後に、すぐに室内を暖めるためには、エアコン、灯油ファンヒーター、灯油の床暖房など即効性の暖房設備が必要かと思います。薪ストーブは室内が20度になるまではかなり時間がかかります。ここまでは、ずっと不在だった室内を暖める段階。
次に、冬、別荘で過ごす時の室温保持ですが、家の構造が、高気密・高断熱住宅である必要があると思います。また、窓は木枠でピタッと閉まる窓(輸入品になると思います)でないと熱が逃げます。我が家の場合、二重断熱構造なので、寝る前に薪ストーブに薪をいっぱい入れて、ダンパーを絞れば、朝までゆっくり燃焼するので、寝る前に室温26度でも、朝は、うまくすれば20度以上をキープできます。朝、20度だと暖かくて楽です。ただし、二日に1度は薪の灰を捨てる必要があります。
それと、冬の別荘では、浴室まわりの床が冷たいと入浴時がつらいので、脱衣所と浴室に床暖房があるといいですよ。(浴室乾燥機よりも床暖のほうが快適でした)という感じで、設備にコストがかかります。
ところで、「ナチュラルガーデンに心惹かれ高原で「ガーデニング&畑三昧」の生活に憧れていますとのことですが、冬はそれができないですが、それでもコストをかけるかでしょうか? 冬も月の半分は暖かく過ごすのであればコストがかかります。
すでに設計士さんを決められているとのことですが、窓を少し開けても室内の暖かさが逃げない高気密・高断熱住宅が本当に作れるのか、確認されるといいかと思います。そういう構造だと、寝てから薪が燃え尽きても、朝の室温は18度くらいでしょう。そうでない家は、10度以下まで下がることもあるかもしれないので、朝から、また暖房費がかかるかもしれません。(我が家は冬場の犬の散歩が寒くてつらいので今年から冬は東京へ戻っていますが。。。)
2010年12月05日(Sun) 22:21
ユメノパグさん
編集
まあ~暖房の森に、
チビコさんも過去に迷い込んだ様子で。。。(*^^*ゞ

そう、そのレンガに蓄熱する方式の
蓄熱暖房機を考えています。
ただ、これって、ゆ~くりゆる~く暖かい感じで
ちょっと物足りなく無いかしら?って心配と
深夜電力でず~とお湯を作っているのは
定住ではないのに、勿体ないかしらって事なんですが
↑の焚き火さんのアドバイスによると
大丈夫そう(^o^) かなり嬉しいです。

チビコさんも、こちらに心が動いたのですね。
でも入れなかった理由は???

うちは、お山の家では和室が無いので
コタツは置かないの。
でもコタツって暖かくて大好きです(#^_^#)
2010年12月06日(Mon) 11:38
まかぱぱさん
編集
「朝の犬の散歩が辛い。」
そんなに寒いのですねw(゜o゜)w オオー!
神奈川の家では、オーバーを着て日向にいれば、
真冬でも犬の散歩も辛くは無いですから
やはり大分違うのですね!
うちのワンコの方が朝の散歩を嫌がるかしら。

成程。。。
色々アドバイスを有難うございます。
蓄熱式だと、速暖性はないでしょうね。
これを入れるとしたら、毎日タイマーで少しは
温めておくつもりなんです。
だから、0度以下にはならないはず。
そこから、薪ストーブでもっと温まるまで
じっとストーブの前で
私達と犬猫は固まって待つのかしら(* ^)(*^-^*)ゞ

まだ、色々想像が出来ません。
もっと設計士さんと話し合うつもりです。

冬はガーデニングと家庭菜園が出来ない分
お山の家では、ゆっくり出来ると思うので
是非真冬も行きたいのです。
ガーデニングって一年中忙しくて
のんびりできない趣味なんですよ(-^〇^-)
なるべく、すべき事を終わらせて
別荘で気晴らし出来る日を夢見ているのですが♪
2010年12月06日(Mon) 11:58
No title
編集
>「朝の犬の散歩が辛い。」

そうなんです。-3度くらいの時のお散歩は、数分歩いただけでも、かなり重装備でいても、指先が痛くなる感じです。あと、唇が乾燥するのでリップクリーム必須で、指がひび割れるとヒビケアが必要ですし、昨年は足の裏が両足ともしもやけになりました。まるで、不毛地帯の壱岐さんみたいでしたよ。我が家の犬はゴールデンなので極寒のお散歩でも元気でしたが。また、都会と違って、宿・商店・自営の人が多いせいか、お散歩で出会う仲間というのがほとんどありません。なので、会話も少なくなって私自身はつまらないのです。4年間は冬もがんばりましたが、すごい寒さなので、一度、氷点下の時に貸別荘を10日ほど借りて生活してみると将来のイメージが見えてくると思います。実際、1年、貸し家で過ごしてから建築された人もいました。
2010年12月06日(Mon) 15:29
まかぱぱさん
編集
しもやけとは、大変な寒さですね!
私もきっと、沢山着こんで、ダルマの様になって
帽子、手袋、マスク、靴下数枚って
恰好になるかもしれません(^^;)ゞ
犬の散歩も楽ではありませんね。
食料品の調達も大変でしょうね。

でも予約なしで気ままに行ったり来たり出来るのが
自分の別荘の利点なので、真冬はパスして、
無理する事も無いでしょう(*^^*ゞ
まかぱぱさんは、四年頑張ったのですね!
私はどうなる事やら???
2010年12月07日(Tue) 23:55
場所によるかも
編集
八ヶ岳と言っても広いので、標高差や日当たりなどで冬の寒さの感じ方がずいぶん違うように思います。
うちは標高600メートルで、日当たりがめちゃめちゃにいいところにあり、窓も大きくて日が入るので、冬は晴れていればうちの中は暖房入れずにOKです。
25度以上に上がるんですよね。
暖房は日が落ちて(3時頃山で隠れちゃうから)少したって20度切ったら薪ストーブをつけています。
そうすると半2階にある寝室は南国。
真冬は早朝に床暖入れるようにいます。それで起きてから1,2時間日が入るまでまた薪ストーブつけるって感じです。
でも雨や曇りの日は一日薪ストーブつけています。少ないですけど。
あと、散歩は日が出ていれば上下下着にヒートテックを着て帽子とマフラー足せば、うちのところは問題ありません。

Maryroseさんの土地は1000メートルぐらいですよね。
うちよりは寒いとは思いますが、清里よりは暖かいはず。
やはり真冬に体感しに言ってみた方がいいと思います。
日がどのぐらい当たるのか、風がどのぐらい通るのかでずいぶん違うと思いますよ。
2010年12月08日(Wed) 22:04
No title
編集
こんにちは~!

暖房にもいろいろな種類があるんですね。
皆さんのコメントを拝見するだけでもとても勉強になります。
。。とは言っても私はまだ何も分からない状態なので
読んでいても???のことが多いですが。^^;;
私も暖房設備のことで悩む段階になったら
Maryroseさんが通った道を追いかけるのかなと楽しみにしています。

私は窓を開けてフレッシュな空気を入れるのが好きなので
気温が下がった室内を一気に温め直してくれるのが欲しいです。

暖房、それだけじゃなくて家の構造(窓など)も
総合的に考えなくちゃならないんですね。
これも良い勉強になりました。
それに標高によっても日当たりによっても随分違いがあるし。
私たちも標高1000位のところを探しているので
Maryroseさんの記事はとても参考になります。

沢山悩むこともあると思いますが
楽しみながら悩んでくださいね~。^^
今後の記事も楽しみにしています!
2010年12月09日(Thu) 10:18
PJmamaさん
編集
PJmamaさんの所は床暖房なのですよね♪
床暖房は暖かいって聞きますが
快適でしょうか。
心配なのは電気代と工事費。
どっちがお得なのかしら???

日が差し込む環境で
ポカポカで良いですね。
確か夏はとても暑い日もあったって
書いていらっしゃいましたよね。
でも冬場は太陽の恵みに感謝でしょう(*^^*ゞ

これから本格的な寒さを迎えますね。
暖房設備のレポートお持ちしております(#^_^#)
2010年12月09日(Thu) 18:38
Napoliさん
編集
その後進展はありましたか?
もう冬ですから、一休みでしょうか。

うちは標高950m位なんです。
夏場はクーラー無しで過ごしたくて
冬も余り寒くない場所って考えていました。

私は「窓は開けない派」なのです。
こちらでも、ほとんど開けません。
Napoliさんは全開になさるのですか。
そんな暮らし方の違いでも
暖房設備の違いがあるかもしれませんねヽ(*^^*)ノ

暖房設備は一番迷う事かもしれません。
なにしろ複雑な料金システムと
想像できない気候ですから。
他の事は都会とそれ程
変わりがない選択で良さそうです(^o^)
2010年12月09日(Thu) 18:46
編集
Maryroseさん こんばんは。
山での暮らし、冬の主暖房は一番頭を悩ますところですね。
おおまかに、もうだいだい決まっていらっしゃると思いますが、
皆さんと同じように、私も経験から我が家の暖房について少し情報を。
八ヶ岳でオンドルを入れているところは、まだそうないと思うので。
少なくとも、寒いことで有名(笑)な原村で初のオンドル導入ですから。
遠赤外線の輻射熱で家を温めます。
施工費用は安くはありませんが、面積によるので一概には言えません。ただ、メンテナンスは一度施工したら余程の事がない限りほったらかしでいいそうです。
乾燥はすると思います。

私は永住ですが、別荘の人にもオンドルなら取り扱いが楽かも知れないと思います。
仕組みについては、我が家は諏訪の鉄平石を入れましたが、石を電熱で夜間に希望設定温度に温めるというもの。
長くても朝7時には切れますが、我が家ではそれ以前にすでに切れています。
後は、また夜の11時になるまで1日中その石の輻射熱で家を温めていますので、その間電気代はかかりません。
↑のコメントにもありますが、やはり断熱はしっかりと!が基本で、我が家は外断熱と内断熱が施されています。
その為、冬だけではなく夏も涼しかったですよ。
それに別荘を離れる時も、水抜きなどする必要がありません。
トイレなど寒冷地仕様でなくても一般仕様でOKです。
長期間別荘を離れてる時は、設定温度を低くして程ほどにしておけばよく、ただ来た時に設定温度を上げたからすぐに暖かくなるわけではなく、翌朝からですけどね。
小さなストーブと併用することで、朝と夜は、薪ストーブで料理や炎を楽しんで快適です。
家の中の各部屋別に温度管理できます。
標高1200mに位置する我が家ですが、以前住んでいた横浜の家より温かいので、こちらの冬を嫌だと思った事がありません。
冬の山々が美しいですから、尚更ですね。
よかったら我が家に遊びに来て下さいね。体験かねて!!
感じ方や価値観は人それぞれ、どんなもんだか話の種になるぐらいで。。。
ちょっとのつもりが長くなってすみません(>_<)
2010年12月10日(Fri) 00:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL