TOPガーデニング ≫ 土着菌を使って腐葉土作り 

土着菌を使って腐葉土作り 

落ち葉を集めて、自前の腐葉土を作ろうと思います。
今はHCで買っていますが、数年後には「自前の腐葉土」で
畑やガーデンに使えたら嬉しいですね。

先日、Hさん宅にお邪魔した時に
森の土着菌を米ぬかで発酵させた「発酵菌」を頂きました。
大切な物を有難う御座います。
おまけに、米ぬかも頂いたので、別荘に帰ってすぐ
米糠発酵作業をしました。

111211P6230.jpg

コネコネした後、木の蓋をしておきます。

111211P6231.jpg

風が強いので、蓋が飛ばないように、
そして、動物にいたずらされない様に、
大きなタライを被せておきました。

111211P6233.jpg

うまく発酵してくれると良いのですが
気温が低いのが心配です。
でもHさんは、「大丈夫ですよ。」と太鼓判。

自宅でも今まで生ごみ堆肥を作っていましたが
腐葉土を集めて発酵させる場所が無かったので
今回はこんな試みが出来て、ワクワクします。

これもお山の楽しみです。


スポンサーサイト

Comment

土着菌?
編集
こんばんは。寒いですね。
土着菌って初めて聞きましたがどんなものですか?
腐葉土をちょっとはぐったら白いカビみたいなものが広がってますが
それじゃないですよね?

米ぬかは毎日準備出来るので、もっと有効に使えたらと思ってます。
折角ですから腐葉土は自前を目指したいですね。
2011年12月14日(Wed) 20:19
チコさま
編集
それですよ。
山の中の土や葉に付いている白い菌です。
それが土着菌で、善玉菌です。
米糠が沢山有るなんて
羨ましい~。
私は買っていますよ。
2011年12月14日(Wed) 21:55
No title
編集
こんにちは。

Hさんのところにいらしたって、Hさんに夕方聞きました。
すれ違いで会えなくて残念でした。

私も米ぬか発酵肥料作ったつもりだったんですが、水の分量間違えたみたいで、Hさんのふかふか湯気が立っている肥料とは似ても似つかないものでした。
実物見せてもらってから作ればよかったと反省。

庭に直播するように米ぬか注文しているので、再挑戦しようかなって思っています。

そうそう、タライお役に立っているみたいで、よかったです♪
2011年12月16日(Fri) 15:14
PJmamaさま
編集
私もお会い出来ると思っていましたが
お出かけの様で、残念でした。

発酵が上手く行けば、米糠を又足して
腐葉土を作ろうと思っています。

たらい、役に立っていますよ♪
しっかりしているし、大きいし。
夏場はこれで野菜を洗うつもりです。
2011年12月16日(Fri) 18:10
腐葉土って そうやってつくるんですかぁ?!
編集
土創り・・・って 奥が深いのですね。我が家は裏の緑地の腐葉土 失敬してくるくらいで 何もした事がありませんので 「へぇ~」と感心しながら 拝見しております。
 きゅうりの糠漬け・・・じゃあなくって 大自然相手に大きな糠床漬けてるみたいな スケールの大きなワクワク感がありますね♪
2011年12月17日(Sat) 10:33
No title
編集
ここにきて本格的に寒くなりましたが、ストーブの調子はいかがですか?

自前で腐葉土までお作りになるとは!
う~~ん・・・ おみそれいたしました<m(__)m>
ワインの味わいも、それぞれの畑に自生する酵母菌の働きだそうです。
最近は人工酵母で発酵させる造り手が多いようですが、手間暇かけても天然酵母のワイン造りに挑戦する若い方たちも増えているのだとか。
一見無関係に思える、腐葉土とワインですが、ワインのテイスティングで、「湿った土のような香り」とか「落葉の香り」という表現もありましたね。

2011年12月18日(Sun) 12:29
お山暮らしのエッセンス
編集
秋の枯葉は庭先の隅に重ねて置いただけです
我が家はまだまだ、、 お足元にもおよびませんが(--)
参考になります!!

お山行き 雪の降る頃もいいなと計画中。
(クリスマスカードのようなお山の風景に出逢うために)
(大掃除 早く済ませてしまわないと・・)
下界での野暮用に追われテ 中々、前に進みません(涙)

2011年12月19日(Mon) 09:09
バースデーん家さま
編集
お山の枯れ葉を集めて
米ぬかを被せて、腐葉土箱に保管して
腐葉土を作ります♪

私はいつも30袋位の腐葉土を買っていますから
自前で出来るようになるまでは
まだまだ足りません。

お隣に緑地があるのですか。
きっと土着菌が付いてでしょうから
それに足して行くと立派な腐葉土に
なるかもしれません^^。
2011年12月19日(Mon) 13:37
aostaさま
編集
お山に来たら、自前の腐葉土を作りたい、って
ずっと思っていたのでとってもシアワセです♪
土着菌で自宅の落ち葉を発酵させられたら
腐葉土も出来るし、自給自足になるし
良い事ずくめですが、後二年は掛かります(*^^*ゞ
まあ、気長にやってみます。

ワインの表現って面白いですね。
>「湿った土のような香り」とか「落葉の香り」>
何だか美味しいのかそうでないのか
良く分からない表現だわ~(^o^)
でもきっと自然の恵みが濃厚に出ている
お味なんでしょうね。

2011年12月19日(Mon) 13:44
oliveさま
編集
枯葉は風で飛びませんか?
無事に残っていると良いですね。

うちでは先日もビュンビュン風が吹いて
葉っぱはどんどん飛んでしまいます。
植え付けた植物の根元に枯葉を乗せて
枝など置いても、すぐ無くなっているので
がっかりです(^_^;)

腐葉土は植物を植える際に必要なので
自前で出来ると嬉しいです(^o^)

もう雪が降っている頃でしょう。
oliveさんの方はきっと積もっているかもしれませんね。
凍結などにお気をつけて
お出かけ下さいね♪♪
2011年12月19日(Mon) 13:51
腐葉土
編集
Maryroseさん、今日は!
土着菌を使った腐葉土作り、やっていますね。実は私もHさんに「セット」を持ってきていただいて作りましたよ。土着菌探しが楽しいです。森の倒木や枯葉を掘りおこすと、白い菌の塊が出てくるので、それをヌカに混ぜるといいらしいですね。

考えれば、落葉樹は、自ら葉を落とし、それが土に落ちて、それを昆虫や様々な菌が分解し、最後は栄養分となって、その木を潤おしているのですね。驚くべき循環のサイクル。無駄なものなど全くない世界なのですね。ナチュラルな庭作り、いいですね。
2011年12月20日(Tue) 12:28
山栗さま
編集
山栗さんもやっていらっしゃるのですね。
上手く発酵してくれれば嬉しいですね!

山の中に白い発酵菌が隠れていますが
山栗さんのお山には有るのですか。
見つけると、ちょっと得した様な気がします。
私も暖かくなったら近辺を探してみます。
2011年12月20日(Tue) 16:07












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL