TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年03月

美しいクリスマスローズ

<本宅>

皆様のクリスマスローズは如何でしたか?

アップしないと何だか落ち着きません

春の訪れを感じるクリスマスローズ。
今年は旅行から帰国したら もう満開を過ぎていました。
それでも まだまだ 美しくて 庭を歩いてニヤニヤしちゃいます 

<3月11日> ガーデン
17christmasrose0311garden_9729.jpg

17christmasrose0311garden_9677.jpg

イエロー セミダブル
17christmasrose031yellow_9670.jpg

17christmasrose0311garden_9675.jpg

ブラック ダブル
17christmasrose0311black_9716.jpg
 
ピンクピコ セミダブル
17christmasrose0311semi701.jpg

ヒラヒラ ピンクピコ ダブル う~可愛い♪
この子を増やしたいな。
17christmasrose0311pikopink_9695.jpg

ピンクブロッチダブル
17christmasrose0311ponkbroch_9629.jpg

ピンクダブル
17christmasrose0311pink_9676.jpg

グリーンダブル
17christmasrose0311greenDSC_9693.jpg

日差しがもう春です 

でも数日前はとっても寒くて がたがた震えました。
三寒四温で 春になるのですね。

皆様 お元気で~~!!!
スポンサーサイト

バリ島個人旅行⑩アラヤホテル ウブド

ウブド滞在で選んだ アラヤホテル(Alaya Ubud)。

17hotel03019957.jpg

モンキーフォレストまで2-3分、王宮まで徒歩15分、
南隣にCoco Market、 北隣にヨガバーン、周辺にステキなレストランが沢山あり
スパも数件、銀行までも2分。

このように 立地がとても良く、市内を徒歩で散策して
疲れたら一旦ホテルに戻ってシャワーを浴びて アフタヌーンティを楽しんで
又散策に出かけられるという メリットがあります 

トリップアドバイザーでも評判が良いので
こちらを選びました。

ホテルの建物の目の前にはライスフィールドを配置して
バリ島らしい演出です。
17hotel0301F9603.jpg

<中庭に通じる通路>
17hotel0302F9670.jpg

近代的で清潔な安全なホテルです。
それでいて バリ島の伝統を感じさせる工夫がされています。

ホテルの従業員はいつもニコニコして 
とてもフレンドリーです。

17hotelrestrant0301F9626.jpg

レストランは二箇所あり 朝食はどちらを選んでも大丈夫。
ビュッフェスタイルではなく メニューの中から選んでサービスして貰う形式。

私はビュッフェは好きではないので
それも選んだ一つの理由かもしれません。

<沢山のフルーツとヨーグルトとフルーツジュース>
17hotelbreakfast0301F9628.jpg

メニューは五種類位あり バリ風の食事や アメリカンスタイル、
コンチネンタルスタイルなど選択できます。

この日のコースはこんな感じ。

フルーツと フル-ツジュース(お好きなジュース)
私は毎日スイカジュースを頼みました♪
17hotelbreakfast0303F9734.jpg

前菜
17hotelbreakfast0301F9629.jpg
手作りジャム
17hotelbreakfast0303F9735.jpg
パン
17hotelbreakfast0303F9736.jpg

メイン デッシュ
17hotelbreakfast0303F9737.jpg

こんな時も
17hotelbreakfast0301F9631.jpg

毎朝 お腹が一杯になりました (^-^)/

17hotelrestrant0301F9624.jpg

17hotelgarden0305F9956.jpg

レスランの奥の方に進むと プールが二個あります。
外からは全く見られませんので プライベート感があります。

17hotelpoolF9671.jpg
お水を綺麗に清掃してあります。

17hotelpoolF9672.jpg
プールは本格的に泳ぐ人には物足りないかもしれません。
(小さいです)

お部屋の広さは十分。
大きなスーツケースをどこに広げても歩けます。
17hotelroom0301F9599.jpg

床、洗面台、などは大理石。
つるつるで気持ちよいです♪

洗面所
17hotelroom0301F9600.jpg
シャワージェルやボデイソープの質がとても良く
香りが良かったです。

お部屋には 電気香取が置いてあるので 安心。
夕方からは 蚊が出ます。
17hotelmoskyt9953.jpg
私は一応 小さな蚊よけのスプレーと電池式移動蚊よけを
持参しました。
痒いのは我慢できませんから  

<部屋についている パティオ>
17hotelpatio0301F9602.jpg
ここでのんびりするのも ステキな時間でしょう。
17hotelpatio0301F9601.jpg

私は予約した後に 部屋の希望をメールでお願いしておきました。
返事はすぐ来ました。
お部屋は希望に沿ったものでした 

目の前はライスフィールド
17hotelricefield0301F9623.jpg

金庫、クローゼット、電気ポット、コーヒー紅茶など、
ヘアードライヤーの用意があります。
そうそう、歯ブラシもあったのには感心。

ただ、お部屋には椅子が無いので それだけは不便でした。
テーブルは有るのですが、椅子が無い。。。。???
でも、トリップアドバイザーのコメントに書いて有り 事前に分かっていましたので
びっくりはしませんでした(笑

シャワーだけで湯船はありません。

トイレも清潔です。

お掃除は毎日二回来て、掃除とタオル交換をしてくれます。
部屋にいる時に来るときもありますが、
「後●分で外出しますから、その時に来てください。」と言えば
後でちゃんとやってくれます。

お掃除の人は3人一組で、皆入口で靴を脱いで部屋に入っていました。
感心だわ~。

レストランで 毎日無料で アフタヌーンティを頂けます。
2-4PMだったかしら??
でも5時でも6時でも、「アフタヌーンティをお願いね。」とニッコリすれば
出してくれます

紅茶かコーヒーを選び
17hotelafternoontea0304F9930.jpg
カフェオレはいつもこんな風に模様を書いてくれます。
17hotelafternoontea0304F9662.jpg

見た目は小さいですが十分お腹一杯になります。
17hotelafternoontea0304F9718.jpg
毎日違う バリ風お菓子。
17hotelafternoontea0303F9929.jpg

17hotelafternnontea0303F9661.jpg

テーブルの飾り
17hotelrestrant0301F9926.jpg

チェックイン、チェックアウトはスムーズでした。

そうそう、ウブドのトイレ事情ですが
レストランや寺院にあるトイレは 個室にバケツと手桶が置いてあり
それで水を流します。
座るにはとても勇気がいる便座です  

殺菌ウエットティッシュはとトイレットペーパーは必需品 !!

市内散策の後に、すぐホテルに帰れるのは
そんな意味でも重要です (´∀`*)

バリに限ったことではなく 海外何処もそうですが
日本のように トイレをこれほど清潔にしてある国はありません 
空港でも レストランでも デパートでも 高速のSAでも どこでも綺麗ですよね +.(*'v`*)+

ホテルを大体決め 予約する前に「ここはどうでしょうか?」と お聞きしたところ
「アラヤホテルは新しくて良いホテルです。」と
アドバイスを下さった 親父さん に感謝です

大変満足なホテルでした

記録の為に それから今後バリに行く方の参考になればと思い
アップいたしました 

ホテルの情報は 2017年3月上旬のもの。
その後変更があるかも知れません。


♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪ ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪ ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

バリ島個人旅行⑨最後の日 ヨガとクタビーチとお土産

最後の日になりました。
とうとうウブドお別れです。

<ヨガバーン>
17yogabarn0305F9940.jpg

今日は 7:00からのヨガバーンでのヨガレッスンを受けます。
5分前に行ったときには もう満席!
一体皆さん何時からいらしているの???

Milikaさんのレッスンは結構ハード。
変化が早くて スピードが速い
後ろのお母さんは途中でギブアップされていました。(娘さんと来ていた 外人さん。)
日本人は私以外にはもう一人 若い人がいらっしゃいました。

クラクラするほどの激しい運動量。
’Morning Flow’でしたが かなりなコースでした。
でも 朝から気持ちよい汗をかいたかな

<ヨガスタジオ>
17yogabarn0305F9939.jpg

ホテルに帰って ゆったりと朝食を頂きましょう。
旅行で嬉しいのは 自分で作らないでも美味しい物が食べられる事 
(作るのは キライではないですが。。。)

<ホテルのレストラン>
17restrant0305F9952.jpg
目の前にはライスフィールドが。
17restrant0305F9951.jpg

いつも可愛い模様の カフェオレ。
17breakfast2F9942.jpg

たっぷりのフルーツ
17breakfast0305F9943.jpg

今日はバリ風お粥にしました。
17breakfast0305F9946.jpg
高菜があるのにびっくり。お味も高菜漬け。
日本から伝わったそうです。
17breakfast0305F9948.jpg

パンも付いてきます。
17breakfast0305F9944.jpg

この手作りのジャムが美味しくて 毎日ヨーグルトに入れて食べました。
17breakfast0305F9945.jpg
毎日 食べ過ぎたな~


そうそう、買い物したものは こんな物です。
一部ご紹介 

大好きになった ジンジャーティ。
ピりっとジンジャーが利いて シナモンの香りがして美味しいの。 
(オーガニック)
17shopping0304F9910.jpg

ココナッツコーヒー、レモングラスティ
(オーガニック)
17shopping0304F9912.jpg

ジャコウネコの糞のコーヒー コピルアック
(オーガニック)
17shopping0307F9911.jpg
ジャスミンの香水
17shopping0304F9913.jpg

アタのランチトレイマット
17shopping0304F9915.jpg

アタのコースター
17shopping0304F9916.jpg

アタのバッグ 内側に布が付いています。
17shopping0304F9919.jpg

サロン 沢山の色や柄があり、選ぶのも楽しいですよ。
私は水色に金色の模様のサロンを。
17shopping0304F9920.jpg

着るとこんな感じになります♪ (^-^)/
blg17shopping0304F9921.jpg

ハーブやナシゴレンの元。
17shopping0304F9917.jpg

フワフワ コットンパンツ。 街で沢山売られているパンツ。
これがこの場所の環境に合っていて 気持ち良いと気が付きました。
夏にぴったりです。。

17shopping0304F9907.jpg
17shopping0304F9909.jpg
これはお孫ちゃん用 (^∇^)ノ
17shopping0304F9908.jpg

さて、このホテルともお別れ。
この街に愛着を感じます。

17street0305F9605.jpg
雑然とした街が温かみを持っていて 風習を守っている人々。 


今日も ドライバーさんのコマンさんにお願いしました。

17driverkomang0303F9738.jpg

空港に行く手前の クタビーチに寄って貰いました。

青い空に青い海。
17kutabeach0305F9963.jpg

17kutabeach0305F9965.jpg
ここはファーフィンのメッカだそうです。
大きな波が来るのかしら。

サーフィンの先生に付くと二日程度で乗れるそうですが。
17kutabeach0305F9966.jpg

ステキなビーチです。

海に入る道路際にはこんな塀があり
入口にはこんなゲートがあります。

17kutabeach0305F9967.jpg

17kutabeach0305F9969.jpg

クタは2002年に起こった バリ島 クタ ディスコ爆破事件のあった場所です。
多くの外国人と現地の人も亡くなりました。
旧ディスコの前に慰霊碑があり事件の悲惨さを思い出しました。

ビーチでゆったりして、空港に向かいました。

その日は サウジアラビアの王様ご一行がバリ島に来る日なので
大変込むとの情報。

空港や道路が閉鎖になるそうです。
(インドネシアの後に日本にいらしていますね。)

私は渋滞にもはまらず 無事すり抜けられました 

ちなみに ウブドから クタを回って デンパサール空港までの タクシーチャター料金は4000円でした。
(約二時間半)
コマンさん ありがとう~~!

デンパサール 出発ロビー。
17dpsdep0305F9970.jpg

ここ デンパサールからジャカルタに乗り継いで
ジャカルタから JALで帰国します。
乗り継ぎの記事はこちら

今回JALでは お席が フルフラットになる飛行機でした。

足が全部伸ばせて 身体も水平になります。
17JALbussiness0305F9971.jpg

お隣のシートとの間には壁が有り完全な個室。
17FALbussines0305F9972.jpg

お陰でゆっくり眠りに付きました。




バリ島個人旅行⑧ プールとヨガとマッサージ

朝食をとって、今日はプールでのんびりしましょう (^-^)/
せっかく水着も持参していますし。

ホテルのプールは二個有ります。
水を毎日綺麗にしてある様子。 葉っぱ一つ落ちていません。

17pool0304F9959.jpg

プールに行くと 係員が「どこに座りますか?」と聞いてくれ
タオルを敷いてくれます。

17pool0304a60.jpg

水は冷たすぎず、ぬるすぎず、いい感じでした 

南国のプールはのんびり出来ます。
少しうとうとしたり。。。。

ゆったりしたので、さ~て、出かけましょう 

今日はメインストリート ハノマンの東側の道 スグリワ通りを歩いてみます。
一本裏だけなのに 観光客は一人も歩いていません。
地元の家やお店の通り。

個人の家なのに 素晴らしい!
17sgriwastreet0304F9867.jpg
伝統的な建物が並びます。
17sgriwastreet0304F9868.jpg

ウブドでは鳥を愛する人が多いらしく
家の前や中に 立派な鳥小屋があります。

17sgriwabird0304F9875.jpg

この通りにある Cantik Spa を探して行ったのですが
残念ながら 移転か工事中で移動? その場所にはありませんでした。
側にいた現地の女の子も一緒に探してくれましたが
「ここには無いです。」って(*´~`*)

ま~いいわ。
スグリワ通りを歩き、王宮の近くまで行きました。
足が疲れたので ここで一休みしましょう 

ロイヤルウブド通りのスパ。
17ffotmassageoops0304F9887.jpg

中が綺麗そうなので 入ってみました 

調度品も 結構いいじゃない~~!!
17footmassage0304F9878.jpg

担当のアリ君とおしゃべりしながら フットマッサージをして貰いました。
アリ君 力も強くて感じも良いわ 

17foodmassage0304F9877.jpg
英語のおしゃべりも上手です。

この扉の奥はボディマッサージルームかしら。
17footmassage0304F9880.jpg

魚に足のゴミを食べさせる ドクターフィッシュのフィッシュスパもあります。
私は結構~~(笑
17footmassage0304F9881.jpg

アリ君と仲良しになって 記念撮影♪

blg17footmassage0304F9886.jpg

60分 900円でした。

もうこれが 高いのかお安いのか 分かりません~~(#^.^#)
リーズナブルと思いますが。

さて、ロータスパレスに行ってみました。
はすが沢山あります。
ハスの花が咲く時期にはきっと素晴らしいのでしょう。

17lotuspalce0304F9889.jpg

素敵な宮殿です。

17lotuspalace0304F9888.jpg

この宮殿の前には有名な ロータスカフェもあります。
結構混んでいました。

17starbuckes0302F9694.jpg

スターバックスもありましたよ。
(私はパス。)

モンキーフォレストをジャランジャランして、ここで休もうかしら。
カフェ Cinta. へ。
中は外人さんが多かったな。

カフェもお店もスパも入りやすい場所って有るのよね。
雰囲気というか、フィーリングというか。。。

17cinta0304F9898.jpg
ここはやっぱりいい感じ。

大好きな ピナコラーダをオーダー
17cinta0304F9900.jpg

お食事は ソトアヤムにしました。
17cinta0304F9904.jpg
ここでは、ピナコラーダが900円!

チンタの前が 有名な カフェワヤン。
17cintaF9899.jpg

その隣が カジャネホテルです。

おしゃれな靴を持ってきたのは良いのですが
こちらではちょっとイメージが違うかしら。
ウブドでは ペッタンコのサンダルが似合います。
せっかく 銀座エスペランサで買っって来たのですが(笑

17cinta0304F9901.jpg

ゆっくりランチしたので さて、帰りましょう。

今日はホテルのヨガに参加します。
昨日 予約をしておきました

アラヤホテルでは 水曜日 土曜日にゲストの為に
ヨガがあります。

どんなヨガか 楽しみです。
広い会場で 自然のオゾンが一杯の場所。

17hotelyoga0304F9923.jpg

17hotelyoga0304F9924.jpg

指導者の アンブラ さん。
17hotelyoga0304F9925.jpg

この広い会場で 参加者は たった三人。
なんて贅沢なヨガ教室!!!

ゆったりした動きから どんどんレベルアップして
最後は かなり高度な技までしていきます。

う~~ん、付いて行くのが 大変です 

三人なので 先生がちゃんと指導してくれるのが良いですね

まして無料ですし~~ ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

普段使わない筋肉をたっぷり使い 気持ちよいです~

終わって レストランのアフタヌーンティーへ。
旅行中はダイエットは忘れます (#^.^#)

絶対太っているわね。。。。。

さて、外に出ましょう。
そうそう、先日パンフレットを貰った
バリ ヒーリング スパに行ってみよう。
今日二回目のマッサージ♪

ホテルから北に2-3分。
横道に入ります。

17balihealing0304F9931.jpg

このおばさんが マッサージをしてくれました。
英語の出来る人は一人だけで
電話をとったり、マッサージしたり、会計をしたり
大忙しでした。

60分 1000円! お安い ボディオイルマッサージ (*゚Q゚*)
結果は???

おばさん、ちゃんと要領も分かっていて 悪くないですね。
力強くボディをゴシゴシ。
オイルの付いた手で頭皮をゴシゴシ。

オイルの品質は???なので
肌の弱い人は要注意かもしれません。

最後はシャワーもなし。。。。
なので洋服着ても ベタベタ (゚△゚;ノ)ノ
髪もベタベタ。。。

でもここのシャワーは浴びたくないかな

まあ、1000円の冒険でした♪♪

横道は薄暗く 夜は怖いかも。。。
17balihealing0304F9932.jpg

夜は レストラン The Pondへ。
ココも素敵なレストランでした。

17thepond0304F9934.jpg

今夜はモヒートで 乾杯。
17thepondmohito0304F9936.jpg

そして大好きな ミーゴレン。
17thepondmiegoren0304F9937.jpg

サービス料、税金が付いて、約1200円くらい。


今日も一日有難う。
と神様に感謝です。


バリ島個人旅行⑦ ティルタウンプル コピルアック レゴンダンス

ルピアが少なくなったので 近くの銀行へ。
アラヤホテルから 南に2分行くと銀行があります。
便利だわ~

昨日の、バイクタクシーの運転手さんが  「おはようございます。」と声を掛けてきました。
「タクシーはいらない?」と聞くので
「今日は少し郊外に行きたいのよ。」と言うと
「何処に行きますか?」と。

大体行きたい場所を伝え、行く順番を確認して、お値段を決めて、っと。
車をチャーターして このドライバーさんと出かけることにしました。
英語の出来る人なので、意思疎通も出来そうだし 
真面目そうだから 大丈夫そうだわ。 (人を見る目は有るのよ。)

「着替えてくるから 10時に来てね。」 と頼むと
ちゃんと早めにロビー横で待っていました。

17driverkomang0303F9738.jpg
ドライバーさんのコマンさん。

さ~、 一日ツアーに出発です 

まずは、テガナナンの大滝

17waterfall0303F9747.jpg

かなりの量の水が雄大に落ちて落ちています。

17waterfall0303F9743.jpg

午後になると ヨーロッパからの旅行者の人が
水浴びをして遊ぶので、混雑するそうです。

次に向かったのは 有名な ゴアガジャ 遺跡
ボマ像が彫られた入り口。

17gogajah0303F9754.jpg

薄暗い祠の中に ヒンデュー教の神様が祭られています。
17gaogajah0303F9757.jpg

次は 仏像などを彫る場所へ。
17curving0303F9749.jpg

17curving0303F9751.jpg

ここは私の希望ではなかったのですが、「参考のために 寄りますね。」って
ドライバーさんに連れて行かれました(笑

次は 世界遺産 ティルタ ウンプル
聖なる泉が湧く場所。

ここでは 入口で全員にサロンが配られます。
ワタシには 入り口のおじさんが 巻いてくれました。

blg17tirthaemple0303F9781.jpg

前を歩いていた 日本人の団体さんも
全員サロンを巻いて歩いています。

17tirthaemple0303F9784.jpg

神様に敬意を表すのは 素敵な習慣だと思うの。

沐浴している人々。
神様にお祈りしています。

17tirtaemtmple03039770.jpg
ここには是非来たかったから とても嬉しかった~
沐浴しているこの場所からは 不思議なパワーを感じました。

そして、水が湧き出ている場所。
17tirthaemple0303F9774.jpg

吸い込まれそうに美しくて 素敵でした。

17tirthaemple0303F9775.jpg

blg17tirtahaemple03039768.jpg

とてもすっきりした気分になりました。

さて、気分が爽やかになった後は
コピ ルワックで有名な コーヒープランテーションへ。
ジャコウネコのフンから取ったコーヒー豆を使った ルワック コーヒー。
世界的有名で高価なコーヒーなんです。

自然を上手に生かして 小道を作ってあります。
17coffee0303F9788.jpg

これがコーヒーの豆。 コーヒーの葉ってこんな。
17coffee0303F9786.jpg

17coffee0303F9796.jpg

ジャコウネコ。
17coffeewildcat0303F9790.jpg

これがジャコウネコのフン。
17coffeeF9789.jpg
ここから豆を取り出して、皮から出して コーヒーにします。
17coffee0303F9801.jpg

ここでは、全ての紅茶が試飲できます。
コピ ルアックは 有料で飲めます。

17coffee0303F9807.jpg

是非とも飲んでみたいので もちろん注文しました 

17coffeeruwak0303F9809.jpg

お味は?
特に 香りが違うわけでもなく、素朴なコーヒー。
でも飲むとパワーが出るそうです 

もちろん 沢山お買い上げ~~

ジャコウネコは見た目は いたち みたい。
でもここの「ももちゃん」は人なれして 甘えん坊!
blg17coffeewildcat0303F9818.jpg
ナデナデして 可愛かった♪
17coffeewildcat0303F9814.jpg

プランテーションを後にして
次に向かったのが 世界遺産 グヌンカウィ
11世紀に作られた遺跡。

急な坂道をどんどん降りていきます。
17gunungkawi0303F9826.jpg

どんどん下っていきます。
17gunnungkawi0303F9828.jpg

途中に カフェもありますが。
17gunungkawi0303F9829.jpg

ちょっと心配に。
だってこんなに降りたら、帰りは登る一方でしょう!!!
下を見ても まだ目的地は見えません。
まだまだ遥か下に続きます。

「ここでもう十分。 もう止めるわ」  

帰りがエスカレーターなら行けたのに(笑
でも無理は禁物ですから。
(夜の計画もあるし。)

ドライバーさんも、「それがいいですよ。」って。

もう一つ 寺院に寄りました。
グヌン カウィの分院かしら???

17gunuingkawi0303F9830.jpg
静寂が溢れていた寺院。 
17temple0303F9833.jpg

暑さでクラクラになって来ました~。
身体もベタベタに(汗 

「鳥で有名な場所があるから
そこを通っていきましょう。」と行ってくれた場所。

白鷺でしょうか???
17bird0303F9837.jpg

夕方になると 沿道の木に一杯の鳥が帰ってきて それが有名だそうです。
17bird0303F9840.jpg

帰り道 テガラランの棚田を見ながら
2時頃 ホテルに帰ってきました。

ご苦労様でした(^-^)/
ちなみに、運転手つきの車のチャーターは 5000円でした。
(4-5時間)

ホテルのレストランで アフタヌーンティを頂いて 一休み。
そうそう、ホテルでは無料のアフタヌーンティが付いています。

17afternoontea0303F9662.jpg
バリ風スイーツが付いています♪
17afternoontea0303F9661.jpg

シャワーを浴びて小休憩。
元気になったら出かけますわよ~~(^∇^)ノ

今日の夜は レゴンダンス バロンダンスを見る予定です。 
夕方 ハノマン通りをジャランジャラン。

ダンスを見る前に 腹ごしらえ。
Wさんご紹介の 現地の美味しいワルン、イジョーへ行ってみました。

17ijyo0303F9849.jpg
うん、こんなローカルな感じは好き♪

平らなビーフンの焼きソバ。
(名前は何だったかしら?)
17ijyo0303F9851.jpg
おいしゅうございました \(^o^)/ 
ちなみに 約400円でした。

昨日の ブスマンおじさんを探して
チケットを買ってあげました。

今日の会場は 王宮。
暗くなってくると 照明が付き、幻想的になります。

17regondance0303F9862.jpg

アメリカ ロスから来た一人旅の女の子と仲良くなって
話が弾んで楽しいひと時でした

17regondance0303F9860.jpg

17regondance0303F9859.jpg

王宮の庭で見る 宮廷ダンス。
歴史を体感できます (((o(*゚▽゚*)o)))
やはり ウブドは素敵な街です 

今晩も ブスマンおじさんにバイクを頼んで
バイクにまたがって ホテルに帰宅しました~ +゚。*(*´∀`*)*。゚+ 


 



バリ島個人旅行⑥ ヨガとマッサージとケチャダンス

今日は朝からヨガに行きます~

アラヤホテルのすぐ側に有名な 「ヨガバーン」というヨガスタジオがあります。
昨日スケジュール表を貰っておいたので
いざ出発~
私でついて行けるかしら、なんて少し心配ですが。。。

ヨガバーンの7:30のレッスンに参加しました。
Greg君のレッスンは瞑想と軽いヨガ中心で、ちょっと物足りないくらい。
私 瞑想は苦手なのよ。。。
17yogabarn0302F9669.jpg

30名のクラスで、満席!!!
全員外人(白人系)でした。 日本人はワタクシ一人でしたわ。
女性は皆しっかりおしゃれなヨガウエアーを着ていましたよ。
レッスン料は1レッスン1時間半 1400円くらい。

終わってから ホテルで朝食を取って。

又モンキーフォレストの前を通って。
17monkey0302F9681.jpg
バナナを持っている人の肩に乗る モンキー 

これから王宮に行きます。
サレンアグン宮殿。
今でも王様が住んでいるそうです。

17palace0302F9685.jpg

バリ ヒンデゥ教では、
寺院に入る時は 肌や足や腕を出すのは礼儀に反しています。

サロンを巻いて足を隠すのが礼儀。
でも お構い無しで 短パンにタンクトップの観光客がいるのには
残念な思いがします 
17palace0302F9688.jpg

17palace0302F9691.jpg

17palace0302F9689.jpg

さて、今日はTAKSU SPAの予約があります。
日本でメールで予約してきました。

ここは評判の本格的スパです。

17taksspa0302F9638.jpg

入口で予約とコースを確認。
<レセプション>
17taksspa0302F9699.jpg

4時の予約でしたが 2時に行って 「早く出来るかしら?」と交渉。
OKでした。 こんなところはバリらしくて好きだな~。

谷底を亘って行きます。
17taksspa0302F9710.jpg

上手に自然を生かして スパを配置してあるのね。

17taksspa0302F9702.jpg

全室 個室。 

blg17taksspa0302F9706.jpg

ところが 私の個室の隣の部屋が二人ずれの若い女性。(白人系)
それがうるさいのなんのって!!!!
笑ってしゃべって、ずっと騒いでいます 

折角のリラックスタイムに こんな煩かったら スパに来た意味が無いわ。

「お隣さん、うるさいから、どうにかして欲しいわ。」と頼むと
「お部屋を変えましょう。」となりました!

最初から 二人連れの隣にすることが間違っているわよ 

せっかく裸になりましたが(!) サロンを巻いてくれて 移動です~

独立式の個室に移動しました。
ふ~~。

今回のメニューは 
60分オイルマッサージ。
60分フェイシャルマッサージ。
60分ヘアクリームパック。

やっとのんびり出来たと思ったら、
ボディマッサージが終わったら、「移動して下さい。」ですって???
どうやら フェイシャルは別なお部屋でするみたい。

また裸にサロンを巻いて、荷物を持って移動です 

フェイシャルが終わったら、 「移動して下さい」ですって~~??
今度はヘアー用のお部屋に移動。
又 裸で洋服を持って移動。。。。。

あのね~~~!

技術は良かったのですが、この移動システムは最悪だわ 

17taksspa0302F9707.jpg
担当してくれた この子のせいでは無いけれどね。

料金は 約8600円。
17taksspa0302F9715.jpg

もうここには来たくないわ。。。

サービスのジュースをさっと飲んで ホテルに帰ろうっと。

帰りは バイクで帰ることにしました。
初バイクタクシー 

ウブドではメータータクシーがありません。
なので白タクかバイクに乗車するのが普通。

「ホテルまでお幾ら?」と聞いて、乗るのが鉄則です。
お互い納得しないと 後でもめますからね!

「写真を撮らせてね。」と言ったら
カッコつけてくれた バイクのお兄さん♪

17bike0302DSCF9716.jpg
ヘルメットも無しに、この後部座席に乗って いざ出発 

さて、夜はケチャダンスを見ようと チケットを買っておきました。
ウブドでは曜日により色々な伝統的なダンスが催されます。
チケットは王宮近くを歩いていれば 声を掛けられるので 心配はありません。
(ホテルで手配して貰うより 簡単。)

又 バイクタクシーに乗って 王宮の裏の寺院へ。 
ケチャダンスは 本来は魔を祓うダンスだったそうです。

良い席に座りたいので 一時間前に行きました。
段々 薄暗くなって来ました。
17dancekecha0302F9719.jpg

寺院が会場と言うのも 素敵でしょう。

17dancekecha0302_1246.jpg

大勢の男の人たちが 
「ケチャケチャ」と掛け声を掛けて 歌います。
17kechadance0301F9725.jpg

17dancekecha0302_1252.jpg

17dancekecha0302F9726.jpg

この人はとても綺麗でした。  指が 反対側に反るのが凄くて!
17dancekecya0302_1254.jpg
最後に 薪をくべて燃やした火の付いた木材の上を
裸足のおじさんが歩きます!
17dancekecha0302_1267.jpg

隣の幼児は泣き出しました

ケチャダンスはとても素晴らしかったわ~ 

ダンスが終わり、予約していたバイクのおじさんは来るかしら? と心配でしたが
ちゃんと出口で待っていました。

このおじさんからチケットを買ったのです。 そして
「タクシー、タクシ?-」と聞いてくるので
「終わったら 迎えに来てくれる?ホテルまで帰りたいのよ。」って聞いたら
「ブスマン(本人の名前) タクシー 行く。 出口 イク。」って
ちゃんと英語が通じました。

そうそう、タクシーのおじさん、お兄さん、市場のおばさん、エステのお姉さん、
皆 英語がある程度 必要なことは喋れます。
逞しいな~~。 日本人も頑張らないとね。

今日も 一日楽しかったな 

プンディープンディーへ。
(雑誌にも載っている レストラン)

ここはホテルから一分。帰るのに安心です。
このレストランで夜を楽しみましょう。

17pundipundi0302_1270.jpg

大好きな ピナコラーダをオーダー。
17pinacorada0302F9732.jpg

ミーゴレンにしました。
17migoren0302F9733.jpg

 
 

バリ島個人旅行 ⑤ウブド観光  

気持ちよい朝日を浴びて、アラヤホテルからモンキーフォレストの方面にお散歩。
モンキーフォレストまでは5分くらい。

道路には犬が放し飼いになっていて
お店の前を歩くと付いてきます。
自分のテリトリーを守ろうとしているみたい。
ちょっと怖いのでご注意 

17dog0301F9607.jpg

道路の交差点や家の前には チャナンと呼ばれるお供えがしてあります。
バリ ヒンデゥー教の人たちが お供えに聖水を掛け、お線香を焚いています。

16barimayoke0301F9604.jpg

バリの人々は信心深いのです。
道路に置くのは 悪い物が家の中に入らないように、
高いところに置くのは 家に幸せを招く為 とドライバーさんは教えてくれました 

モンキ-フォレストは200匹以上のサルが生息する森。
入口の外にも沢山のサルが遊んでいます。

17monkey0301F9612.jpg

17monkey0301F9610.jpg

観光客のスーパーの袋に飛びついて 中身を取ろうとしたり
結構いたずらするので、注意が必要です。
17monkey0301F9614.jpg

17monkeyforest0301F9616.jpg

ハノマン通りに戻って 朝のお散歩。
両側に沢山のお店があります。
但し、道路がデコボコで 穴が開いています。
よく見ないと下の下水に落ちてしまいそうで ショッピングより道路をじっと見て歩きました。。。。
それもウブドらしくて 良いかも 

通り道には寺院や 伝統的な自宅をコテージとして貸している
素敵な家も多数あります。

これは貸しコテージだそうです。
17cotage0301F9637.jpg

17temple0301F9634.jpg

伝統が町に残されているところが ウブドの魅力。
17temple0301F9632.jpg

市場まで行って、ちょっとショッピング。
17market0301F9640.jpg
ここには何回も来ました 
奥まで細長い通り沿いに 沢山のお店があり、
英語、日本語、きっと韓国語や中国語で 客引きをしています。
定価は有って無い様なもの?
お互いに値段の交渉をします。

もっと汚いマーケットを想像していましたが(ごめんなさい)
それ程不潔ではありませんよ。

お昼から バリ島在住の Wさんご夫妻にお会いしました 

お二人ともモデルさんのように素敵なご夫妻 
blg17ibuokamrW0301F9646.jpg

うわ~、お会いできて嬉しかったです 

ご一緒に 有名なレストラン イブオカに行きました。
特別料理 バビグリンを提供するお店。
豚のお腹にスパイスを詰め込み丸焼きした 宗教的なお料理。
それをスライスして 野菜等と一緒に食べます。

17ibuoka0301F9650.jpg
三号店に行きましたが 運よくそれ程込んでいなくて
ラッキーでした。
17ibuokarestrant0301F9644.jpg

記念撮影を♪
blg17ibuokaW0301F967.jpg

バビグリン
17ibuoka0301F9641.jpg

一緒にアボガドジュースを頼みました。
かなりドロドロした不思議な飲み物。
17ibuokajuce0301F9645.jpg

それから Wさん運転する車で テガララン
連れて行って下さいました。
渓谷の斜面にライフフィールドが広がります。
緑一杯の場所に癒されます~。

17teraragan0301F9651.jpg

17teraragan0301F9653.jpg

椰子の木と田園って組み合わせが不思議ではないのよね。。。
でもこんな傾斜での作業は きっと大変だろうな、なんて。。。。

それから、ドライブして、クサンガの塩田に行きました。
天然の海水から塩を作っています。

17solt0301F9655.jpg
観光客も来ています。

白く光る天然の塩。
17solt0301F9657.jpg

美味しいご馳走が出来るかしら 

17soltocean0301F9658.jpg

Wさん、有難うございました  

さて、ホテルに帰って レストランでアフタヌーンティを頂いて休みました。

さ~、スパに出かけよう!!!

ホテルから3分の ジェラティックスパに行ってみました。
予約していませんでしたが、OK 

17jelaticspa0301F9664.jpg

こじんまりとしていて 清潔です。
ロッカーに洋服や貴重品を仕舞えます。

私はここで、60分のオイルマッサージ、60分のフェイシャルマッサージ、、
60分のヘアクリ-ムトリートメントを受けました。
それぞれ三人の受け持ちがあり、終わるたびに部屋を移動します。
どの人もとても上手で満足 
最後にフルーツとジンジャーティのサービスがありました。

三時間のコースで 370000ルピア。(3700円)
それに税金が付いて、414400ルピア。(4100円位)
お安いでしょう!!!

受付の人と記念写真を♪
blg17jelaticspa0301F9665.jpg
恥ずかしがって 後ろに隠れたの?

皆 ニコニコして感じが良くて、技術もしっかりしていました


バリ島個人旅行④ 出発の日

成田空港からジャカルタ スカルノハッタ空港へ出発です。

JALのラウンジでゆっくりしようと思ったら
なんと朝食を食べる人の行列!!! 
席も有りません、ですって~~!

ゆったりするどころか せわしないラウンジなんて意味がありません。
JALさん、しっかりして下さいよ

他のラウンジに移動しましたが、落ち着く時間がありませんでした。
ふ~~。

17JALlounge0228F9583.jpg

さてJAL725便に搭乗しました。
この日は満席。

今回も最新の映画が入っていました 

ララ ランド、マリアンヌ、アカウンタント。
見たいと思っていた映画を観れて、シアワセ~

JALの映画は上映中の映画や
上映前の映画まで観れて とても楽しみなんです。

定刻どおり 到着です。 (10:55-16:55) 
8時間のフライトでした。

ジャカルタに着いたとたん、熱気に包まれました 

空港でのターミナルの移動時間も今回は意外にスムーズに出来
ガルーダインドネシア航空 GA412 20:10発を GA418 18:30発に変更出来ました。
詳しい記事はこちらから

ガルーダのCAのユニフォームはとてもエレガント
皆さん ヘアもモリモリに盛って綺麗にしてあります。

「素敵だから写真に撮ってもいいかしら?」と聞くと
ニコニコしてくれました。
17GAca0228F9592.jpg

皆とてもお若いのよ。

17GAca0228F9593.jpg

1時間半の短い便なのに 御食事のサービスまであります。
17GAmeal0228F9590.jpg

木材を使ったデンパサール空港の屋根。
17dpsairport0228F9596.jpg

この日は予定より大分早くホテルに到着出来ました。

バリ島個人手配 一人旅 ③ジャカルタ国際線から国内線への乗り継ぎ方法

国際線でジャカルタスカルノハッタ空港に到着した後
国内線に乗り継ぐ方法ですが、JALのHPを見ても余り詳しく書いてありません。
空港内の案内表示も余り無いので こちらに詳しく書いておきます。

注: 会話は全て英語です。

JALで国際線から到着して、他の乗客と一緒に入国審査を受けます。
ここでは、英語で質問があります。 私は何も聞かれませんでした。
(かなり詳しく聞かれていた人もいました。)

荷物受け取り場所に行くと、「ポーター? ポーター?」とワラワラと
ニコニコしたポーターさん達
が寄って来ました。
「結構です。」とお断りして、
荷物受け取りのターンテーブルにて自分の荷物を受け取ります。

さて、乗り継ぎのバスは何処からかしら?っと回りを見ていたら
ポーターのお兄さんに捕まってしまいました 
スーツケースを引っ張って行くので、仕方なく 「ガルーダ航空の国内線の乗り継ぎがあるのよ。」と説明したら
「こっち、こっち」と進んでいきます。 (ターンテーブルを背にして出口を見て、左方面の出口です。)

左側へ10mも行かない場所に ガルーダ航空専用 乗り継ぎカウンターがありました。
どこにも表示が無いので 要注意です!

ポーターさんに「お幾ら?」って聞いたら 「二千円 二千円!」 ですって~~!
たった 10mで それは有り得ませんよ
「何で二千円?」って聞いたら 「あっちの人 と こっちの人」 って???

「はい、どうもありがとうね。」って にっこりして50000ルピア渡しました。(約500円)
これで十分すぎるほどです。
30000ルピア程度で(約300円)良いそうです。

さて、予約とチケットがある人はここでチェックインして、荷物を預けられます
(これはどの本にもネットにも書いてありませんでした。)

でも私は「早い便に変更したいの。」
と言うと 「では、国内線のガルーダ航空でやって下さい。」となりました。

さて、ガルーダ航空のターミナル3に行かないといけません。

荷物受け取りを出て、税関を出て、外に出ると 柱の影にエレベーターがあります。
これを見逃さないように!
これに乗って2Fに上がります。(何も表示はありません。)

2階に上がり、外を見ると 上のほうに「シャトルバス」と書いてあるので
そのあたりで待っていれば バスが来ます。 (15分間隔)

大きなスーツケースはバスの後ろに乗せます。
私のスーツケースは運転手さんが入れてくれました 

「ターミナル3 までお願いね。」と一応言っておきました。

ターミナル3では、そこにいたお兄さんが荷物を降ろしてくれました。

他の乗客は自分で上げ下ろしてしていますので
お間違えなく。。。。

さて、ターミナル3は全体がガルーダインドネシア航空の専用の建物みたい。

でも どこのカウンターでどの便をチェックインするかは
全然表示がありません 
きっとそのうち改善されるのでしょうか。。。

ガルーダ航空の案内に並んで聞いて、チェックインカウンターを教えて貰いました。
でもそこでは変更手続は出来ないとの事。
今度は チケッティングカウンターに又並びなおし 

たった一人しか業務をしていなくて 長い間待ちましたよ。
でも順番が来たら 親切にちゃんと対応してくれて
早い便に変更してくれました。
やはり フルフェアーで購入していると こんな時とても便利です 

「ああ、良かったわ。早い便に変更して貰って♪」と言うと
「本当はカウンタークローズの時間なのですが、貴方が最後です。
早めに行って下さいね。」
と言って にっこりしてチェックインしてくれて助かりました 

17airpotCGKdomesF9589.jpg
<CGK 国内線出発ロビー>

------------------------------------------------------------

今度は反対に インドネシア国内線からジャカルタ スカルノハッタ空港に到着して
国際線 JALに乗り継ぐ方法です。

これも何処を見ても詳しく書いてありませんでしたので
アップしておきます。

デンパサールから ジャカルタに到着したら
到着ターミナルで表示に沿って 手荷物引取り所方面に行きます。
ターンテーブルに行く手前に 「International 」
と書いてある小さな表示を見つけました。
本当に小さな看板なので見逃さないように!
ターンテーブルのずっと手前です。

「国際線に乗り継ぎはココですか?」と聞くと
「そうです。お荷物を引き取ってから戻ってください。」との事。

荷物を引き取り、又その場所に戻りました。 遠いのよ~~~!(汗
この場所の事もどのネットにも書いてありませんでした。
最近新しく出来たのでしょうか??? 

ここでバスに乗り JALの国際線ターミナル2まで行きました。
荷物は運転手さんが乗る時も降りるときもやってくれたので
チップを渡しました。 とっても助かりました

これも他の乗客は自分でやっています。。。

裏口のような場所で降ろされ、狭い階段を進むと、
到着ロビーに着きました。
そこから暫く進み、エスカレーターを上がると(これも表示がありません)、
国際線出発カウンターのある場所です。

JALの表示を探しましたが どこにもありません。
JALのHPにはチェックインカウンター41番-47番、と書いてありましたが
カウンターの番号さえ表示がありません 

航空職員に尋ねると、JAL職員は後一時間後から来るそうです。
(出発の三時間前からチェックイン)

「乗り継ぎには時間の余裕を持って、早めに来てください。」と
書いてあるのに JALのカウンターが開いていない事にはどうしようもないじゃないの!!!

来る途中に「JCB ラウンジ」を発見しましたが もう戻る元気も無いので
近くの席で休みました。

出発時間の三時間半前くらいに、JAL職員がやってきて
看板やプラカードを出し、やっとJALカウンターが出来上がりました 
専用のカウンターを貰っていないのです
これもいつかは改善されると良いですが。

三時間前に やっとチェックイン開始です。
かなりの乗客が並んで待ちました。

ジャカルタにはJALが使えるラウンジは二箇所あります。
入るときに迷いました。
「どう違うのですか?」と聞いたところ
「営業者が違います。」とのこと。
どちらを使っても良いそうです。

ちなみに どちらのラウンジにもアルコールは有りません

では、良い旅を~~

バリ島旅行 纏めの記事はこちらです♪

バリ島へ一人旅 ②個人手配 航空機ホテル予約編 

今回はインドネシア バリ島へ行く事にしました。
今回は一人旅です 

<手配の詳細>

日本からインドネシア ジャカルタまではJALで行きます。
JALの便はJALの公式HPでチェック。
ネットでその場で予約して、シートアサインも出来ます。
便利になりましたね!
ちなみにJAL便は殆ど満席でした。 (二週間前)
通路際の席は三席しか空いていなかったのでギリギリセーフ。
E-Ticketもその場で自宅で印刷できます 

JALがバリ島 デンパサールまで行っていないので
ジャカルタから バリ島 ウングラ空港までは国内線を探しました。

国内線の便はスカイスキャナーで探しました。
これはとても便利。
世界中の飛行機の便やホテルも調べられます。

ちなみに日本からバリ島までの直行便は ANAとガルーダインドネシア航空が飛んでいます。

ジャカルタからデンパサールは格安航空会社が多数飛んでいます。
私は万が一の事を考えて ガルーダインドネシア航空を選びました。
お値段は高いですが 後日変更が利きます。
申し込みは Expedia を通じて購入。

値段は国内往復 29800円+TAX+手数料でした。(曜日、月日、により 多分お値段が違います。)
この中で一番高いのですが。 LCCは8000円から10000円位と出ていました。
片道一時間半の距離です。

ジャカルタでは 国際線と国内線は スルーチェックインが出来ません。
ですから JALの案内にはMCTは三時間と書いてありました。
入国審査をしてから 荷物を受け取ってからのバスでの移動。
国際線から国内線のターミナルの移動のバスも15分間隔との事。
ですので、かなり余裕を見て 国内線の乗継便を決めました。

こんな事を探すのも個人旅行では結構時間が掛かります。
あちこちネットで情報を検索して、評判を確認したりして
数日夜中までネットで確認して やっと色々判明しました 

飛行機+ホテル 付きのパッケージ旅行の方が
乗継の案内人も付くし、空港からホテルの車の手配もしてあるし、断然楽だと思います。

航空会社やホテルの拘りが無い方にはお勧めですね。
お値段もずっとお安くなります。

さて、便が確定出来たら 次はホテル探しです。
まずバリ島の中で何処に行きたいか決めます。
バリ島の中はビーチで遊びたいなら、リゾートホテルが沢山立ち並ぶ
素敵なビーチが沢山あります。

私はバリ島のなかでも 歴史があり、寺院や王宮が有り、
市場や庶民の生活感もある ウブドだけの訪問にしました。

今回は一人旅なので ホテルは安全と便利さ重視
歩いて街を散歩出来て、ヨガに行ったり、マッサージに行ったり、
お買い物出来て 歩いて帰れる場所にある セキュリテーの良い安心なホテル、
として探しました。

ですので ウブドでも郊外の大型リゾート施設ではなく(街までが不便)
街中の 新しい Alaya Resort UBUDOにしました。

ホテルも EXPEDIAで探し 場所と評判を確認して
HOTEL.com のレビューやTrip Advise のコメントもしっかり確認。
(滞在者のレビューは細かいところまで分かって、とても便利です。)
アラヤ リゾートホテルの評判はとても良く、私の希望に沿っているように思えました。

ウブドはタクシーがないそうなので、ちょっと不安
気に入った人は何回も訪れている様子。
きっと魅力のある場所なのでしょう。

空港からホテルまでの手配も必要です。
空港のタクシーでぼったくりがある、などの書き込みがありましたので
一人だとちょっと心配。
ブログを書いてくれた人たちの中で、「ブルーバード社が安心」との情報有ったので
調べてみたら良さそう。日本に支店もあります。
夜遅く到着するので 一般のタクシーは避けて 
ブルーバードで運転手つきの車の予約をしました。
ちなみにお値段は 空港からウブドまで 5980円でした。
(夜間増しが入っています。)
日本で事前に振込みをしておきます。

17goldencar0228F9595.jpg
ブルーバードで予約すると デンパサールでは「ゴールデンバード」。
出発ロビーを出てすぐの場所に「ゴールデンバードのブースがあり
とても分かりやすいです。
ここで予約した名前を言うと 車を呼んでくれました。

外までゴールデンバードの職員さんが付き添い、車が来るまで一緒に待っていてくれるので安心。
車に荷物を入れ、行き場所を確認してくれました。


男性が一緒なら 空港からの一般のタクシーで十分大丈夫だと思います。