TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年03月
ARCHIVE ≫ 2017年03月
≪ 前ページ       

≪ 前月 |  2017年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

バリ島個人手配 一人旅 ③ジャカルタ国際線から国内線への乗り継ぎ方法

国際線でジャカルタスカルノハッタ空港に到着した後
国内線に乗り継ぐ方法ですが、JALのHPを見ても余り詳しく書いてありません。
空港内の案内表示も余り無いので こちらに詳しく書いておきます。

注: 会話は全て英語です。

JALで国際線から到着して、他の乗客と一緒に入国審査を受けます。
ここでは、英語で質問があります。 私は何も聞かれませんでした。
(かなり詳しく聞かれていた人もいました。)

荷物受け取り場所に行くと、「ポーター? ポーター?」とワラワラと
ニコニコしたポーターさん達
が寄って来ました。
「結構です。」とお断りして、
荷物受け取りのターンテーブルにて自分の荷物を受け取ります。

さて、乗り継ぎのバスは何処からかしら?っと回りを見ていたら
ポーターのお兄さんに捕まってしまいました 
スーツケースを引っ張って行くので、仕方なく 「ガルーダ航空の国内線の乗り継ぎがあるのよ。」と説明したら
「こっち、こっち」と進んでいきます。 (ターンテーブルを背にして出口を見て、左方面の出口です。)

左側へ10mも行かない場所に ガルーダ航空専用 乗り継ぎカウンターがありました。
どこにも表示が無いので 要注意です!

ポーターさんに「お幾ら?」って聞いたら 「二千円 二千円!」 ですって~~!
たった 10mで それは有り得ませんよ
「何で二千円?」って聞いたら 「あっちの人 と こっちの人」 って???

「はい、どうもありがとうね。」って にっこりして50000ルピア渡しました。(約500円)
これで十分すぎるほどです。
30000ルピア程度で(約300円)良いそうです。

さて、予約とチケットがある人はここでチェックインして、荷物を預けられます
(これはどの本にもネットにも書いてありませんでした。)

でも私は「早い便に変更したいの。」
と言うと 「では、国内線のガルーダ航空でやって下さい。」となりました。

さて、ガルーダ航空のターミナル3に行かないといけません。

荷物受け取りを出て、税関を出て、外に出ると 柱の影にエレベーターがあります。
これを見逃さないように!
これに乗って2Fに上がります。(何も表示はありません。)

2階に上がり、外を見ると 上のほうに「シャトルバス」と書いてあるので
そのあたりで待っていれば バスが来ます。 (15分間隔)

大きなスーツケースはバスの後ろに乗せます。
私のスーツケースは運転手さんが入れてくれました 

「ターミナル3 までお願いね。」と一応言っておきました。

ターミナル3では、そこにいたお兄さんが荷物を降ろしてくれました。

他の乗客は自分で上げ下ろしてしていますので
お間違えなく。。。。

さて、ターミナル3は全体がガルーダインドネシア航空の専用の建物みたい。

でも どこのカウンターでどの便をチェックインするかは
全然表示がありません 
きっとそのうち改善されるのでしょうか。。。

ガルーダ航空の案内に並んで聞いて、チェックインカウンターを教えて貰いました。
でもそこでは変更手続は出来ないとの事。
今度は チケッティングカウンターに又並びなおし 

たった一人しか業務をしていなくて 長い間待ちましたよ。
でも順番が来たら 親切にちゃんと対応してくれて
早い便に変更してくれました。
やはり フルフェアーで購入していると こんな時とても便利です 

「ああ、良かったわ。早い便に変更して貰って♪」と言うと
「本当はカウンタークローズの時間なのですが、貴方が最後です。
早めに行って下さいね。」
と言って にっこりしてチェックインしてくれて助かりました 

17airpotCGKdomesF9589.jpg
<CGK 国内線出発ロビー>

------------------------------------------------------------

今度は反対に インドネシア国内線からジャカルタ スカルノハッタ空港に到着して
国際線 JALに乗り継ぐ方法です。

これも何処を見ても詳しく書いてありませんでしたので
アップしておきます。

デンパサールから ジャカルタに到着したら
到着ターミナルで表示に沿って 手荷物引取り所方面に行きます。
ターンテーブルに行く手前に 「International 」
と書いてある小さな表示を見つけました。
本当に小さな看板なので見逃さないように!
ターンテーブルのずっと手前です。

「国際線に乗り継ぎはココですか?」と聞くと
「そうです。お荷物を引き取ってから戻ってください。」との事。

荷物を引き取り、又その場所に戻りました。 遠いのよ~~~!(汗
この場所の事もどのネットにも書いてありませんでした。
最近新しく出来たのでしょうか??? 

ここでバスに乗り JALの国際線ターミナル2まで行きました。
荷物は運転手さんが乗る時も降りるときもやってくれたので
チップを渡しました。 とっても助かりました

これも他の乗客は自分でやっています。。。

裏口のような場所で降ろされ、狭い階段を進むと、
到着ロビーに着きました。
そこから暫く進み、エスカレーターを上がると(これも表示がありません)、
国際線出発カウンターのある場所です。

JALの表示を探しましたが どこにもありません。
JALのHPにはチェックインカウンター41番-47番、と書いてありましたが
カウンターの番号さえ表示がありません 

航空職員に尋ねると、JAL職員は後一時間後から来るそうです。
(出発の三時間前からチェックイン)

「乗り継ぎには時間の余裕を持って、早めに来てください。」と
書いてあるのに JALのカウンターが開いていない事にはどうしようもないじゃないの!!!

来る途中に「JCB ラウンジ」を発見しましたが もう戻る元気も無いので
近くの席で休みました。

出発時間の三時間半前くらいに、JAL職員がやってきて
看板やプラカードを出し、やっとJALカウンターが出来上がりました 
専用のカウンターを貰っていないのです
これもいつかは改善されると良いですが。

三時間前に やっとチェックイン開始です。
かなりの乗客が並んで待ちました。

ジャカルタにはJALが使えるラウンジは二箇所あります。
入るときに迷いました。
「どう違うのですか?」と聞いたところ
「営業者が違います。」とのこと。
どちらを使っても良いそうです。

ちなみに どちらのラウンジにもアルコールは有りません

では、良い旅を~~

バリ島旅行 纏めの記事はこちらです♪

バリ島へ一人旅 ②個人手配 航空機ホテル予約編 

今回はインドネシア バリ島へ行く事にしました。
今回は一人旅です 

<手配の詳細>

日本からインドネシア ジャカルタまではJALで行きます。
JALの便はJALの公式HPでチェック。
ネットでその場で予約して、シートアサインも出来ます。
便利になりましたね!
ちなみにJAL便は殆ど満席でした。 (二週間前)
通路際の席は三席しか空いていなかったのでギリギリセーフ。
E-Ticketもその場で自宅で印刷できます 

JALがバリ島 デンパサールまで行っていないので
ジャカルタから バリ島 ウングラ空港までは国内線を探しました。

国内線の便はスカイスキャナーで探しました。
これはとても便利。
世界中の飛行機の便やホテルも調べられます。

ちなみに日本からバリ島までの直行便は ANAとガルーダインドネシア航空が飛んでいます。

ジャカルタからデンパサールは格安航空会社が多数飛んでいます。
私は万が一の事を考えて ガルーダインドネシア航空を選びました。
お値段は高いですが 後日変更が利きます。
申し込みは Expedia を通じて購入。

値段は国内往復 29800円+TAX+手数料でした。(曜日、月日、により 多分お値段が違います。)
この中で一番高いのですが。 LCCは8000円から10000円位と出ていました。
片道一時間半の距離です。

ジャカルタでは 国際線と国内線は スルーチェックインが出来ません。
ですから JALの案内にはMCTは三時間と書いてありました。
入国審査をしてから 荷物を受け取ってからのバスでの移動。
国際線から国内線のターミナルの移動のバスも15分間隔との事。
ですので、かなり余裕を見て 国内線の乗継便を決めました。

こんな事を探すのも個人旅行では結構時間が掛かります。
あちこちネットで情報を検索して、評判を確認したりして
数日夜中までネットで確認して やっと色々判明しました 

飛行機+ホテル 付きのパッケージ旅行の方が
乗継の案内人も付くし、空港からホテルの車の手配もしてあるし、断然楽だと思います。

航空会社やホテルの拘りが無い方にはお勧めですね。
お値段もずっとお安くなります。

さて、便が確定出来たら 次はホテル探しです。
まずバリ島の中で何処に行きたいか決めます。
バリ島の中はビーチで遊びたいなら、リゾートホテルが沢山立ち並ぶ
素敵なビーチが沢山あります。

私はバリ島のなかでも 歴史があり、寺院や王宮が有り、
市場や庶民の生活感もある ウブドだけの訪問にしました。

今回は一人旅なので ホテルは安全と便利さ重視
歩いて街を散歩出来て、ヨガに行ったり、マッサージに行ったり、
お買い物出来て 歩いて帰れる場所にある セキュリテーの良い安心なホテル、
として探しました。

ですので ウブドでも郊外の大型リゾート施設ではなく(街までが不便)
街中の 新しい Alaya Resort UBUDOにしました。

ホテルも EXPEDIAで探し 場所と評判を確認して
HOTEL.com のレビューやTrip Advise のコメントもしっかり確認。
(滞在者のレビューは細かいところまで分かって、とても便利です。)
アラヤ リゾートホテルの評判はとても良く、私の希望に沿っているように思えました。

ウブドはタクシーがないそうなので、ちょっと不安
気に入った人は何回も訪れている様子。
きっと魅力のある場所なのでしょう。

空港からホテルまでの手配も必要です。
空港のタクシーでぼったくりがある、などの書き込みがありましたので
一人だとちょっと心配。
ブログを書いてくれた人たちの中で、「ブルーバード社が安心」との情報有ったので
調べてみたら良さそう。日本に支店もあります。
夜遅く到着するので 一般のタクシーは避けて 
ブルーバードで運転手つきの車の予約をしました。
ちなみにお値段は 空港からウブドまで 5980円でした。
(夜間増しが入っています。)
日本で事前に振込みをしておきます。

17goldencar0228F9595.jpg
ブルーバードで予約すると デンパサールでは「ゴールデンバード」。
出発ロビーを出てすぐの場所に「ゴールデンバードのブースがあり
とても分かりやすいです。
ここで予約した名前を言うと 車を呼んでくれました。

外までゴールデンバードの職員さんが付き添い、車が来るまで一緒に待っていてくれるので安心。
車に荷物を入れ、行き場所を確認してくれました。


男性が一緒なら 空港からの一般のタクシーで十分大丈夫だと思います。





バリ島 ウブドへの旅①

寒い日本を離れて 暖かいインドネシア バリ島のウブドに遊びに行ってきました(^-^)/

神々の宿る島 バリ島。
バリ島の中でもウブド
人々は信心深く 古い寺院が至る所に保存され生かされ
植物が生い茂り 自然のオゾンが一杯の場所。

17balitemple0301F9633.jpg

森林の中のヨガスタジオに行きヨガをしたり、
バリマッサージを受けたり、古い寺院を歩いたり 堪能してきました。 

17temple0302F9770.jpg

ケチャダンス、レゴンダンス、バロンダンス、
昔からの文化を継承している 文化の町。

17kechadance0301F9725.jpg

人々は貧しいけれど 明るく逞しく生きています。

私たちも 文化を守る気持ちは見習わないといけないと
感じました (^∇^)ノ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。