TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年09月
ARCHIVE ≫ 2012年09月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2012年09月  | 翌月 ≫

コスモス

秋の花は沢山有りますが
「コスモス」がやはり高原らしいな~。

まだ東京が真夏の8月から、
どんどんアチコチで咲き出しています。

それも、どこも大きくて立派なコスモスになっています。

うちのコスモスは、春に友人から種を頂いて蒔いたコスモス。
120922cosmosF1523aa.jpg

120922cosmosF1520aa.jpg

まだ小さいですが、来年はこぼれ種で
あちこちからコスモスが群生してくれるようにと皮算用!

サルビアも大きくなって、
爽やかなブルーで開花中。

120922salviaF1522aa.jpg


スポンサーサイト

謎は解けた!

誰もいないのに、インターフォンが鳴る事件については
二回書きました。

昼間でも、ちょっとゾ~~とする不気味さ

という事で、電気屋さんをお願いしました。

<イメージ画像>

interphone-aa.jpg


早速、玄関のカメラ付きインターフョンを取り外すと
「ピンポーン」

慌てた、電気屋さん。

「あれ?ボク、はずしただけで、スイッチは押してないですよね?」

中を見ると、
なんと電線の一本が外れていました

これが、悪さをしていた様子です

「まあ、原因が分かって良かったです!」←ワタクシ

実は、電気屋さんが来ても

「何でもないですね。」
と言われるのが一番怖かったのです


ああ~~ 直って良かった!

芝生を敷いて

ガーデン工事のひとつに
芝生を敷くというのが有りました。

前面ガーデンの傾斜を変えて水平な場所を作り
芝を敷きました。

120911garden1F1589aa.jpg

芝生は大変そうと敬遠していたのですが
一度はやってみましょう。

この芝の部分だけで、50坪有ります。
120911garden1F1592aa.jpg

中央の通路は広くしてここにも芝を敷きました。
120911garden3F1597aa.jpg

張った後に何回か雨が降ったので、
上手く根付いてくれると良いのですが。

来年は芝刈り機を買わないといけません。
どんな機種が良いのでしょうか?
アドバイスお願いします

夏場は調節が難しい?

爽やかな高原の空気。
昼も過ごしやすい気温で、湿気はないし、
デッキで過ごす至福の時間を楽しめます。
もう夜は18度。
もちろん、真夏にクーラーが無くても快適。

ところが本宅に帰るとまだ30度越え。
昨日は湿度も70%を超え、
一日中クーラーを消すわけにはいかない状態。
ちょっと庭に出ただけで、ぐったりするほどの蒸し暑さ!

この間を行ったり来たりしているうちに
何だか今まで以上、余計体に負担がかかっている様子。

どうも本宅に帰ると調子が出ない。。。。
あれれ??
何でこんなに疲労感を感じるのでしょう

今まで35度の真夏でも平気で
買い物や散歩やガーデニングまでしていたのに。。。

何だか、いつも眠いの

これって、体が移動に対して
調節が出来なくなっているのかしら???

それとも、ただの夏ばてかしら

ステロイドの副作用かしら??

ルバーブのジャム

8月初旬にルバーブのジャムを作りました。
葉は毒が有るそうで、茎だけ使用します。

120814ruberbF1406bb.jpg

茎を適当な大きさに切ります。
余り長いと煮るのに時間がかかるので
こんな感じに。

120814rubarbF1407aa.jpg

鍋に入れて、砂糖とルバーブだけでコトコト煮ます。
オイルも水も入れません。

120814ruberbF1408aa.jpg


焦げてしまうので、ずっとかき回して、中火~弱火で
煮ていきます。

120814ruberbF1411aa.jpg

硬かった茎が段々柔らかくなり
そのうちに、粘り気が出てきます。

時々試食して、お砂糖はお好みの分量で。
レモン汁を少し入れます。

形が無くなるまで煮たら、出来上がりです

後はいつものジャム作りと同じです。

ビンを熱湯で消毒して、
中身を入れてから抜気します。

120814ruberbF1412aa.jpg

最後にひっくり返して終わります。
(こうするとフタが完全に閉まります。)
120814ruberbF1413aa.jpg

不思議なお味で
とても新鮮なジャムの出来上がりです

お試しくださいね。

又怪奇現象? その2 

誰もいないのにインターフォンが鳴った事件について
書きましたが、又怪奇現象が!!!

今度は昼間、ワタクシが玄関ドアを開けて
外に出たとたんに 「ピンポーン」と

「え?」

ワタクシのすぐ横にインターフォンは有りますが
誰もいません

丁度オットも見ていて
「あれ、誰もいないよね。」

「ネコと犬が家の中でインターフォンを触ったんじゃない?」←オット

「そんなわけないでしょ。
あの子達では届かないし、第一家の中からでは音は鳴らないのよ。」←ワタクシ

「一体、何なの~!」

周りを見回しても、近くに人間はいないし
虫も鳥もいないし
妖精や座敷ワラシも見えないし!(私には見えない。)


こ、こ、これはもしかして機械の故障かも??

今週、工務店さんに来てもらうことにしました。
直してもらえるでしょうか。。。。。

電話に出た若い監督さんは何故か「ふ、ふ、ふ。」と
電話の向こうで笑っているような???

--------------------------------
お口直しにお花を。

↓ 今咲いているトラノオ。
 白い花が清楚です。
 本宅から持参して(邪魔にしていたのですが)植えつけました。
 群生すると綺麗でしょうね。
12toranoo0905F1382.jpg

キャベツ、ハクサイ、ブロッコリーの植え付け

まだ完治していないので、日に当たってはいけないのですが
日陰になっている間に、植え付けをしちゃいました。

外に出てはいけないって言われても、
少しよくなるとじっとしていられない習性なの。

120916naeF1576.jpg
キャベツ、ブロッコリー、ハクサイのチビ苗。
全部頂き物です

本当は土に肥料を混ぜて、一週間くらい待ってから
植えつけるのが良いのですが
今日はすぐ植えてしまいました。

苗で庭においているうちに枯れたら困りますから

120916F1602.jpg


上手く育つでしょうか~?
収穫が楽しみです

夜になってから、被れていた手足が痒い痒い!!!
日陰だから大丈夫かしらって外に出ましたが
汗をかいたのがいけなかったのかな???

まだ、安心は出来なさそうです。
ふ~~~!
いやになります

怖い湿布薬

草引きをしすぎて、腱鞘炎になってしまった事は
以前アップしましたが、その後どうなったかというと。。。。

痛いのを放置しているわけにも行かないので
あの後、病院に行って湿布薬をもらいました。

粘着性が良いからって、「モーラステープ」を処方されました。

これを手首や足に張って、その後も草取りをしていましたが、
(長袖、ナガズボンです。)
なんと~、真っ赤に腫れ上がって、かぶれてしまいました!!!

ブツブツも一杯出来て、痒い痒い!!!
昼も夜も、痒いのです。

仕方なく、皮膚科で見てもらったところ
「湿布薬に寄る、湿疹、かぶれ。」でした。

モーラステープを張ったときは、絶対日に当たってはいけないそうです。
又、張った後、一週間も日光に当たってはいけないそう。。。

後日ネットを調べたら、モーラステープで
沢山の人が被害にあっているのを発見! 

「これから、長袖を着て日に当たらないようにして下さい。
草取りは止めてください。」と皮膚科の医師。

辛いのは、汗をかくと、痒い!
夜に自然に掻いてしまい、又腫れてしまうのです。

テープの形くっきりに真っ赤な腫れが両手両足に。

「たぶん、色素沈着は消えないでしょう。」って本当?

皆様も、お気をつけてね~!

綺麗な秋の花

暑かった今年の夏ですが
植物たちは元気に花を咲かせています。

高原の花の色はより鮮やかで
暑さに疲れた心を癒してくれます

<メアリーローズ>
甘すぎないピンク色で
ふんわりとしたカップ咲き。
秋も花の形が変わりません。
いつでも良く咲いて
期待を裏切らない信頼できるバラです。

12Maryrose0907aaF1449.jpg

<デルフィニューム>
春しか咲かない花、って思い込んでいましたが
高原では春からずっとぽつぽつ咲き続けています。
色合いも深くなって、なんて健気なんでしょう。
このまま宿根してくれるかしら?

12delfi0906aaF1435.jpg

<セロシア ストロベリーパフェ>
思わず食べたくなるような名前のセロシア。
秋のお花は少ないので貴重なお花になると嬉しいのですが。
12serocia0906aaF1453.jpg

<ユーパトリウム>
暑さ寒さ両方に強い優れものです。
元気に沢山咲き出しました。

12upatrium0906aaF1455.jpg

皆様もきっと暑さにお疲れでしょう。
きっとあと少しの我慢。。。

がんばって過ごしましょう!

再びガーデン工事

ガーデン工事をしています。

120830gardenF1440aa.jpg

道を広げて、グリーンエリアの手直しも。

120830gardenF1443.jpg

今は秋バラが綺麗に咲いているのに
無粋な機械が入ってしまい、とほほ。。。

12alexisandra0830F1445aa.jpg

工事の為に、植物を仮植えしたり、移動しているからです。
寒冷地のこの地では
余り遅くなると植物の移動が出来なくなってしまうからです。

これも来年の為と諦めました。