TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年12月
ARCHIVE ≫ 2010年12月
      

≪ 前月 |  2010年12月  | 翌月 ≫

ちょっと一休み

打ち合わせや、契約の準備、支給品を探したり
いろいろ忙しくも楽しい日々でしたが
あっという間に年末になってしまいました。

frut20c_m.jpg

遊んでいる暇も無いので
大人しく、主婦の仕事に戻らねば。。。

flower73_m.jpg

これから、本宅の大掃除や新年の準備に集中することにします。

mountain9b_m.jpg


色々アドバイスを下さった皆様に
感謝致します。
さぁーて、来年は「別荘完成」という事になるでしょうか。

basket9a_m.jpg

frute_m.jpg

こんな野菜がたっぷり採れる日は来るのかしら?

veggarden35e_m.jpg

皆様もどうぞよいお年を
お迎えくださいませ。

countryf_m.jpg

<写真はイメージです。>
スポンサーサイト

シャビーなフック フランスより

フランスより到着しましたフックです

フランスの物は中々直接手に入らないので
とてもラッキー。
CALD42OS.jpg

木製の台もしっかりしていて、厚みも有ります。

フランス モドキは結構日本にも有るのですが
ほとんど中国製の安っぽいのか、真似をした商品です。
(まぁ消耗品などは、それでも良い時も有りますが。。。)
これはれっきとした本物、フランスから直送のお品です!

CAXXM1QM.jpg

箱を開けていると、ニャーが寄ってきて
香りを嗅いでいました

薪ストーブ その後 

設計の打ち合わせをして来ました。
土曜日でも中央高速の大渋滞が解消されて来たので
移動も大分楽になりました。

平面図が大体確定して来て、
ここのドアはどうなっていますか、
などど細かい事も話せる段階です。

薪ストーブの場所も作ってあり
回りにはどんな素材の物を張ろうかって話をしているのに。。。

主人は帰宅してから
「薪のはぜる音だって、良いとは思わない。」ですって!!!

なんだ! 

「あ~そうですか。では、薪ストーブは入れないわ!」

私は、今の主人は忙しいから
今は出来なくても
そのうちヒマになったら「楽しんで薪作り」や
「ストーブ焚き」をしてくれると
思っていたのですが。。。。

私の体力も限度があるし
全て一人でするなんて事出来ないし
「もう、や~めた。」って気分です。 怒!

イタリアン アンティーク コーベル

イタリアより到着した一品(逸品?)です。
木の彫が優雅で繊細なので、思わず購入してしまいました。
IMGP4049.jpg


一体どこに付けようかしら?

IMGP4050.jpg


そのうち、良いアイデアが浮かぶ事でしょう

もう年末で
海外からの購入は入荷が遅くなるので
新規購入は来年になってからにしましょう~♪

土曜日に八ヶ岳に行っていましたが
夜からの雨は雪に変わったのでしょうか

ドアノブ ドアノッカー 気が早いけれど

まだ設計図も確定していませんが
心はもう家の中に飛んでいます。
気の早い私です。

着工が来年の3月だと思うのですが
春の訪れを待って、基礎を打つと聞きましたが
それまで、気持ちを持続させないと。。。。

細かい物を支給したいな、と
色々探しています。

まず到着したのは、アメリカからのアンティーク。
(正確にはコレクタブル)
キャストアイアンのドアの取っ手です。

101201P4039.jpg

IMGP4040.jpg

渋くて、重々しいのが気に入りました。

次にアメリカより到着したのは、やはりコレクタブルで
ブラスのドアノッカー。
イーグルのデザインが気に入りました。
それに、以前の持ち主の名前が入っていなくて
シンプルなのに豪華なのが素敵。

IMGP4042.jpg

別荘には電気の「ピンポ~ン」は付けたくありません

主人「聞こえなかったらどうするの?」
私「そしたら、お庭から入ってくるでしょ。」

田舎の家みたいに、縁側から入ってくる関係って
素敵だと思うのです。

家の何処かに付いたら、又アップいたします

迷いの森~「主暖房」

主暖房設備はどうするか?

最初は迷いも無く、「蓄熱暖房機を床下に設置する。」方式を
考えていました。
もちろん、オール電化で深夜電力を使って、お湯を温める方式。
電気代も安いし、基本料金も安いそうです。

何故かというと、見せて頂いた三軒がそうだったから。
でも、良く考えるとそのうちの二件は永住者。

私はきっと「年の半分永住」かしら?
それ程お湯をバンバン使う年代でも無いな。。
初期費用もかなり掛かります。

それにうちの場合、井戸なんですよね。
せっかく新鮮な井戸水を使えるのに
大きなタンクに入れっぱなしで、温めるのって
何か勿体なくないかしら?

蓄熱暖房を床下に入れたお宅は
「寒くはないが、暖かくは無い。」って感じでした。
寒がりの私は、これで大丈夫かしら?

選択肢として考えているのは
ヒートポンプ式で「床暖房」。
でも寒冷地なので、不凍液を温めるでしょ。
不凍液の寿命は5年ってあったけど、
本当だったらパスですね!

電線を敷くタイプも有ります。
これは、設置工事費と電気代がかなり掛かりそうです。
でも、きっとこれなら、かなり暖かいでしょうか

暖かいのは嬉しいな~。
でも電気代が高いのは困るな

あと、灯油で床暖房って設備もありますが
暖かいでしょうが、いない時に火が燃えているって
どうなのかしら???

設備が良く分からないのと
寒冷地の寒さを実感していないので
グルグルと迷いの森に、突入しています~